模型・プラモ - 永遠の未完成
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた④


→ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③より続き

IMG_4435.jpg
↑型を早く硬化させるために蒸しタオルで型を覆い、一晩待ちます。

IMG_4436.jpg
↑一晩かけて片面が硬化しました

IMG_4457.jpg
↑慎重に粘土を剥がします。うまく片面は型取出来たようです

IMG_4464.jpg
↑表面の粘土や油を丁寧に除去します

IMG_4470.jpg
↑再び、プラ板で型枠を作成します

IMG_4475.jpg
↑念入りにエアブラシでシリコーンバリアー(離型剤)を塗ります。
ここで手抜きをしてしまうと、シリコン同士が密着してしまい、全てが無駄になります。

IMG_4477.jpg
↑残りの主剤は257g。とても不安なので非常手段です、得意のシリコン山盛り!パーツに触れなきゃ大丈夫!

IMG_4492.jpg
↑なんとか枠を埋めることに成功しました。ギリギリの量でしたね....

IMG_4496.jpg
↑半日後、シリコンが固まりました。成功です!

IMG_4498.jpg
↑片面のシリコン型も完全に硬化しました

IMG_4499.jpg

IMG_4504.jpg
↑いよいよ、レジンを流し込みます。輪ゴムで十分に絞ります。

IMG_4505.jpg
↑レジンは造形村のEX-CASTを使用します

IMG_4506.jpg
↑A液とB液を素早く混ぜ合わせて、型に流し込みます。

IMG_4508.jpg
↑5分も経たない内に硬化しはじめてしまいました。

IMG_4512.jpg

IMG_4517.jpg
↑おお、遂に完成しました。


IMG_4519.jpg
↑パーティングラインも荒くなく、我ながら驚きの出来です。

IMG_4522.jpg
↑次は片面枠①の結果です。まあ所々気泡や抜けがありますが、及第点としますか....

IMG_4527.jpg
↑片面枠②の結果です。うわ、MS軍団は全滅に近い...失敗です。

IMG_4525.jpg
↑型取に失敗した物達....頭はもげてる、下半身が無い....
クラッシュモデルとして完成品にしてしまうのも一つの手ですね

IMG_4531.jpg
↑流石ゴッグだなんともないぜ!唯一ゴッグが五体満足に仕上がりました。

当初の目的がダブデなどの陸戦艇の複製目的だったので、小物モデルの失敗は仕方ない!
パーツの量産には成功しているので、次回はいよいよ塗装にチャレンジしてみたいと思います。

■関連記事■
ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた①
ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた②
ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
[ 2011/05/24 01:55 ] 模型・プラモ | TB(0) | CM(0)

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③


→ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた②より続き

前回に続いて、シリコンで型取に挑戦!今回はいよいよ鬼門の「両面型取」を行います。
複製するのは「ダブデ大型陸戦艇」の艦橋です。
今回は写真撮影も記録として行うことにしました。
果たして成功するのやら....

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
↑油粘土の中にパーツを埋め込みます。パーツをスムーズに埋め込むために、粘土をひたすら捏ねました。

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
↑粘土の両サイドにプラ板で敷居を作ります。

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
↑レジンを後で注ぎ混む為の注入口をプラ棒で配置しました。レジン注入後のパーティングラインを整える
ため、水でパーツと粘土の間を出来るだけ埋めています。

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
↑ノック穴を粘土に掘りました。なるべく沢山彫ります。

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
↑1/1200スケール軍団大集合!ドンエスカルゴ、ザクタンカー、サムソントレーラ、ディッシュ、その他
MS各種もこの機会に片面型取に挑戦してみます。

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
↑次がダブデ陸戦艇やギャロップの前回複製しそびれたパーツ群。
シリコン足りるか不安になって来ました....

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
↑プラ板で枠を作成。片面複製は気が楽です...

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
↑シリコンの計量には「YAZAWA」のデジタル計(定価980円)を使用。3キロまで計量出来る優れものです。

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
↑1キロで本当に足りるのでしょうか

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
↑まず第1回目、シリコンの半分の量505グラムで挑戦してみます。計量カップは400mlでした。

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
↑硬化剤の説明書きによると、主剤100gに対して4ml(100:4)を添加するのが良いとのこと。
前回、硬化剤比率はアバウトでも硬化に不具合は出なかったので、今回もアバウトに行きます。
主剤約500gを今回使用するので、硬化剤は約20gとして計量しました。

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
↑硬化剤少なくないかな?と不安になります。

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
↑緊張の一瞬、すばやく主剤と硬化剤を混ぜ合わせます。私は念のために1分ほど混ぜる時間を取ります。

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
↑型枠に主剤を注ぐ写真を撮る余裕はありませんでした。ダブデの艦橋はパーツが全て埋まりましたが、
片面型取の1/1200スケール軍団が完全に埋まりませんでした。まずい、失敗です。
もっと量を増やしておくべきでした。

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
↑応急処置として、前回に余ったシリコンの型を流用して増量させます。

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
↑このあたり本当に焦りました。第一回目のシリコンが固まる前にシリコンを増量させます。
時間との戦いです。第二回目は主剤300g、硬化剤14gを混ぜました。

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
↑なんとか3つの型をシリコンで埋めることに成功しました。型の表面に凸凹があるのは、増量したシリコンの断
片が見えているからです。


■関連記事■

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた①
ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた②
ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた④
[ 2011/05/24 01:21 ] 模型・プラモ | TB(0) | CM(0)

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた②

→ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた①へ

ダブデ級&ギャロップ&ビックトレーを量産してみた②
次はギャロップです。パーツ数が細かくて多い.....
細かいパーツは後で量産することして、本体とカーゴを型取することに

ダブデ級&ギャロップ&ビックトレーを量産してみた②
新スーパーEXシリコン凄いですね。一発で本体を抜けることが出来ました

ダブデ級&ギャロップ&ビックトレーを量産してみた②
左が原型で、右が複製したもの。気泡は多少でてしまいましたが、ほぼ完璧な仕上がりです

ダブデ級&ギャロップ&ビックトレーを量産してみた②
カーゴは片面型取に最適な形状をしているので、調子に乗って4個量産してみました

ダブデ級&ギャロップ&ビックトレーを量産してみた②
続々量産されるジオン軍のギャロップ。
複製に嵌りそうです

ダブデ級&ギャロップ&ビックトレーを量産してみた②

ダブデ級&ギャロップ&ビックトレーを量産してみた②
最後にダブデ級。こいつは艦橋とキャタピラが片面型取出来ない曲者です。
どうしましょうか....

ダブデ級&ギャロップ&ビックトレーを量産してみた②
車体部分はなんとかなりました

ダブデ級&ギャロップ&ビックトレーを量産してみた②
片面型取で強引にキャタピラを型取りました。このくらいの弾力があれば抜きも問題ないハズ!

ダブデ級&ギャロップ&ビックトレーを量産してみた②
キャタピラの量産に成功!新スーパーEXシリコン本当にすげえ

ダブデ級&ギャロップ&ビックトレーを量産してみた②
片面型取の手法は憶えつつあるので、GW中に両面型取に挑戦してみたいと思います。


■関連記事■

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた①
ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた④

[ 2011/05/04 00:36 ] 模型・プラモ | TB(0) | CM(2)

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた①

戦艦屋ダブデ級&ギャロップ&ビックトレー
GWを利用して久しぶりにプラモ制作を開始。
時間は沢山あるので、普段出来ないことにチャレンジ!ということで、
2010年のキャラホビで手に入れた戦艦屋さんの1/1200のダブデ級やビッグトレー、ギャロップを
シリコンで型取&複製をしてみることにしました。

戦艦屋ダブデ級&ギャロップ&ビックトレー
プラモ暦は15年近く経ちますが、シリコンでの複製は初挑戦です。
ネットで様々な情報を仕入れ、評判の良かった造形村の新スーパーEXシリコン(2,625円)
と、レジンには造形村のEXキャスト ホワイト(3,675円)、離型剤はクレオスのMr.シリコーンバリアー
(1,000円)を使用しました。

戦艦屋ダブデ級&ギャロップ&ビックトレー
まずは比較的パーツ数の少ないビッグトレーから

戦艦屋ダブデ級&ギャロップ&ビックトレー
アンテナや主砲等は他のプラモパーツから移植可能なので、型取を省略することにしました

戦艦屋ダブデ級&ギャロップ&ビックトレー
難易度がかなり低い片面複製とはいえ、作業は苦戦しました。
本来なら作業中の写真を撮りたかったのですが、とても写真を撮る余裕はありませんでした。
ですので、完成したものだけを公開します。
灰色の型が今回型取したシリコン。白いのがレジンにて複製したもの。

戦艦屋ダブデ級&ギャロップ&ビックトレー
造形村の新スーパーEXシリコンは、柔軟性がとても高いというのが特徴で、写真の様な複雑な逆テーパーでも
型取が可能です。

戦艦屋ダブデ級&ギャロップ&ビックトレー
ダブデ級の主砲と一緒に艦橋も型取しました

戦艦屋ダブデ級&ギャロップ&ビックトレー
量産を続けてビッグトレー1個小隊が完成しました。(このガレキ、購入するなら1個8,500円します)

戦艦屋ダブデ級&ギャロップ&ビックトレー

戦艦屋ダブデ級&ギャロップ&ビックトレー
ヘビィ・フォーク級陸上戦艦を真似たビッグトレー級。オリジナルバリエーション展開も可能です

戦艦屋ダブデ級&ギャロップ&ビックトレー
ギャロップのカーゴも量産していたので、ビッグトレーの下のホバー部分を流用したオリジナルカーゴも
制作してみました。

戦艦屋ダブデ級&ギャロップ&ビックトレー
ビッグトレーとオリジナルカーゴを連結させてみました。

→ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた②へ

■関連記事■

ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた②
ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた③
ダブデ級&ギャロップ&ビッグトレーを量産してみた④
[ 2011/05/03 23:53 ] 模型・プラモ | TB(0) | CM(0)

ユーコン級潜水艦【1/1200】

ジオン軍ユーコン級潜水艦【1/1200】
2009年のキャラホビにて、1/1200の一年戦争の戦艦や通常兵器のガレージキットを数多く手がけている、
ガレージキットディーラの戦艦屋さんから購入。

塗装レシピは田宮アクリルの

ジャーマングレイ:1
フラットブルー :0.5
パープル    :0.1の割合で混ぜた物を基本色としています。

キットそのままではディティールが物足りなかったので、艦船模型の
エッチングパーツを中心にディティールアップを行っています。

ジオン軍ユーコン級潜水艦【1/1200】

ジオン軍ユーコン級潜水艦【1/1200】

ジオン軍ユーコン級潜水艦【1/1200】

ジオン軍ユーコン級潜水艦【1/1200】

ジオン軍ユーコン級潜水艦.jpg

ジオン軍ユーコン級潜水艦【1/1200】

ジオン軍ユーコン級潜水艦【1/1200】

ジオン軍ユーコン級潜水艦【1/1200】

ジオン軍ユーコン級潜水艦【1/1200】


→模型完成品ギャラリーへ戻る

■関連記事■

マッドアングラー級潜水艦【1/1200】
ファットアンクル輸送機 【1/1200】
ブローバー級情報収集艦【1/1200】
[ 2011/04/13 22:40 ] 模型・プラモ | TB(0) | CM(0)