ニコニコ動画の「激闘!!南太平洋海戦」が凄すぎる件
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ニコニコ動画の「激闘!!南太平洋海戦」が凄すぎる件



正しくは『日米空母決戦 (双葉社スーパームック 超精密3D CGシリーズ 42)』という本
の付録に付いている、DVDの名前ですが、この度ニコニコ動画に動画がアップされて
いたので、購入を致しました。

以前からこの双葉社の3D映像シリーズは「激闘 珊瑚海海戦 岩本徹三空戦録」
「台南航空隊戦記坂井三郎の戦い 」など、ニコニコ動画などで存在を知っていたので
すが、この度テーマが南太平洋海戦ということで、24分という長さもあり、購入を
決定いたしました。

中身はハリウッドの戦争映画にも勝るクオリティで、圧倒されること間違いないです。
南太平洋海戦は一応、「米国海軍史上最悪の記念日」とも言われている通り、日本軍
の戦術的勝利で知られていますが、この動画を見るとギリギリの勝利であったことが
わかります。

映像的には空中で攻撃隊がトツレ連送による突撃隊形が編成されたり、零戦とF4F
ヘルキャットとの空戦がパイロット目線、俯瞰視線で再現されたりと、見所満載です。
また、史実を少しでも知っている人なら、"ブーツ"こと村田重治少佐の最後にきっと
涙することでしょう。

一番凄いのは14分辺りの輪形陣によるホーネット、アトランタ級の物凄い弾幕、
対空射撃が圧巻でした。1942年であのレベルなら、VT信管が普及している45年
の弾幕の密度は想像を絶するものだったのでしょうね。

3DCGはトッチーさんこと、栃林秀さんが個人で作成されたとのことです。双葉社
の編集部では「天才」と呼ばれているそうですが、その逸話も一度映像を見た方なら、
納得出来るのではないでしょうか?

ミリタリー物に興味の無い方でも、何かものを作るクリエイター志望の方に、オススメ!
妥協の無い仕事が、どんなに素晴らしい物を作り出すかが、この映像から伝わってくる
はず。


↓「すっぽん」トッチーさんこと栃林秀さんのサイトです。3D映像が沢山ありますよ!

http://www.k4.dion.ne.jp/~suppon/

↓同氏制作「激闘 珊瑚海海戦 岩本徹三空戦録」

↓同氏制作「台南航空隊戦記 坂井三郎の戦い」


→ ブログの最新記事へ
→ 模型完成品ギャラリーへ戻る
スポンサーサイト
[ 2009/01/05 23:56 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masasidayo.blog100.fc2.com/tb.php/5-7d0ec986