スペースx クルードラゴンの宇宙飛行士が、 宇宙船のフルサイズモデルを使用して練習を開始しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スペースx クルードラゴンの宇宙飛行士が、 宇宙船のフルサイズモデルを使用して練習を開始しました。

スペースx クルードラゴンの宇宙飛行士が、 宇宙船のフルサイズモデルを使用して練習を開始しました。

NASA Commercial Crew Program

スペースx、NASA、およびスペースx クルードラゴンの
国際宇宙ステーションに帰還する宇宙飛行士が、
宇宙船のフルサイズモデルを使用して練習を開始しました。

異常な復旧状況では、スペースxは米国空軍と協働して宇宙飛行士を
水中のカプセルから回収するために救助兵を送る必要があるかもしれません。

最近、NASAのケネディ宇宙センター近くのインド川ラグーンにリカバリートレーナーを降ろし、
空軍のパラレスキュー(※)から宇宙船に乗って宇宙飛行士を救助する技術を学ぶことができました。

このようなレスキューの練習は、宇宙飛行士やサポートチームに不測の事態で、
乗組員を安全に救助するための重要な措置を練り練り直す多くの機会を与えるため、
すべての人間のミッションで行われる。

数多くの手順が開発され、様々な状況に対処するために時間をかけて実践されます。

スペースxは、宇宙飛行士を国際宇宙ステーションに運ぶために、
NASAのCommercial Crew Programと協力してCrew Dragonを開発しています。

リカバリトレーナーは、スペースxによって構築され、
ケネディのPrototype Labによってスペースx仕様に変更されました。

クルードラゴンの外側モールドラインと同じ寸法で、
スラスタやインジケータと外側の他のマーキングがあります。

計器パネルを含む乗組員のエリアは本物の宇宙船と内部は同じです。

(※)Pararescuemen(PJとしても知られている)は、
人道援助および戦闘環境における人員の救助、および医療処置を任された、
米国空軍特別措置指令(AFSOC)および航空戦闘司令(ACC)オペレーターである。
これらの特殊部隊は、NASAの任務を支援するためにも使用され、
水上着陸後に宇宙飛行士の復旧に使用されています。

NASA Commercial Crew Program(2017年7月20日)
https://blogs.nasa.gov/commercialcrew/2017/07/20/recovery-and-rescue-teams-practice-with-full-size-crew-dragon-trainer/
by Amanda Griffin.
関連記事
[ 2017/07/29 00:17 ] スペースX | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masasidayo.blog100.fc2.com/tb.php/444-4006fa39