チームインダスは、月に宇宙船を着陸させる世界初の民間企業になる。








チームインダスは、月に宇宙船を着陸させる世界初の民間企業になる。

ベンガルールに拠点を置くチームインダスは、月に宇宙船を着陸させる世界初の民間企業になる。
チームインダスは、スリハリコタのPSLVに搭載される飛行モデルの構築から一歩近づいています。
退役したISRO科学者2人の指導の下、100人以上のチームが600kgの宇宙船と6kgのローバーを設計して開発しました。

チェンナイ:今年12月、ベンガルールに拠点を置くチームインダスは、
すべてが計画どおりに進むと、月に宇宙船を着陸させる世界初の民間企業になる。
同社は現在、スリハリコタ宇宙港のPSLVに搭載される飛行モデルの構築から一歩近づいています。

「私たちは、2月2日にISROの試験施設で厳しい試験を受ける宇宙船の資格モデルを構築しました。
次のステップは、飛行する飛行モデルを構築することです」

金曜日に、ITデリー卒業生で創設者のラフル ナラヤンは、
チェンナイ国際センター主催のインタラクティブセッション「月へのミッション:野心に満ちたもの」で、
月の使命に関するプレゼンテーションを行いました。

同社は、月に90%の私的資金提供宇宙船を成功裏に着陸させ、
その表面上を500m走行し、画像と動画を地球に戻すことを求めるGoogle Lunar X Prize競技の
ファイナリスト5名の1人です。
他のチームには、米国から2人、イスラエルと日本から1人ずつが含まれています。

退役したISROの科学者2人の指導の下、100人以上のチームが、
600kgの宇宙船と6kgのローバーを設計して開発しました。

チームインダスのローバーECA(イカ)またはEk Chhoti si Asha(小さな希望)を運ぶことに加えて、
宇宙船は競合する日本のチームによって建設されたローバーを運ぶでしょう。
この船はまた、8つの学生が作成した実験物やフランスの宇宙機関であるCNESのためのカメラを運ぶ予定です。

月のミッションについて説明を求めると、ラフル ナラヤンは、宇宙船が離陸後約15分後にロケットから離れると、
高度を上げるたびに地球を2周することになると語った。

エンジンは、月につながる軌道注入に達するために噴射されます。
そこから、宇宙船は、地球から月に約38万km離れた5日間の旅を始めるでしょう。
月から約120km離れたところで、エンジンは閉鎖され、再度発射されてより低い軌道に乗り、
そこで4日間静止する。そして、雨の海で、宇宙船は降下する。

「ヨーロッパの規模のクレーター、かってロシアと中国がそこに着陸した雨の海だ。」と述べた。

雨の海


ミッション全体の最も難しい部分は着陸です。
宇宙船は、着陸中に1.3km/secから0km/secに速度を落としながら、
その高度を同時に修正し、着陸エリアを選択し、障害物を避けなければならない。

ナラヤンは、ISROが宇宙船を作るための専門知識を持っているため、
月面に正確に着陸する可能性は93%と言いました。

ISROはまた、2018年の第1四半期に2番目の月探査機チャンドラヤーン2を計画しています。

The Times of India CITY(2017年7月22日)
http://timesofindia.indiatimes.com/city/chennai/bluru-firm-eyes-to-land-first-pvt-spacecraft-on-moon/articleshow/59706355.cms
by TNN
関連記事
[ 2017/07/24 23:56 ] インド宇宙機関(ISRO) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masasidayo.blog100.fc2.com/tb.php/440-b1bb604c