NASA、スペースX、ボーイングは、クルー・ドラゴンとCST-100スターライナーのテスト飛行が来年になると予想しています。








NASA、スペースX、ボーイングは、クルー・ドラゴンとCST-100スターライナーのテスト飛行が来年になると予想しています。

NASA、SpaceX、Boeingは、クルー・ドラゴンとCST-100スターライナーのテスト飛行が、大幅に遅れて来年になると予想しています。
NASA、スペースX、ボーイングは、クルー・ドラゴンとCST-100スターライナーのテスト飛行が、遅れて来年になると予想しています。

ワシントン - NASAと商用宇宙船を開発している2社の両社は、
場合によっては1年も経たないで、テスト飛行を予定どおりに行われていると言います。

NASAは、ボーイングのCST-100スターライナーとスペースXのクルー・ドラゴンの
テスト飛行の「最も最近公開された最新の日付」を7月20日に発表した。

各企業は、2014年9月に授与された商業乗務員輸送能力(CCtCap)契約の下で、
宇宙飛行士の未試験のテストフライトを行い、
続いて搭乗した宇宙飛行士と一緒に飛行する必要があります。

最新のスペースxのスケジュールでは、2018年2月にテスト飛行が、
その後2018年6月にはクルーのテスト飛行が予定されています。

ボーイングの予定では、2018年6月のテスト飛行と2018年8月の
クルーの飛行テスト飛行が予定されています。

予定されているものは、元のCCtCapの発表から大幅に減りました。

当時、NASAは両社の機体がテスト飛行を完了し、
2017年末までに国際宇宙ステーションへの定期的なクルー輸送ミッションのために
認定されることを期待していた。
しかし、両社は1年以上、技術的な問題を抱えていた。

NASAの大手関係者は、2018年の試験飛行に向けた同社の取り組みについてより自信を持っていました。
「商用乗組員は大きな進歩を遂げています」と、ISS研究開発会議の7月18日のスピーチで、
ISSプログラムマネージャのKirk Shiremanは述べました。

「次のISS研究開発会議では、ボーイングのCST-100 スターライナーと
スペースx クルー ドラゴンの最初の飛行をする予定です。」

2018年の会議は7月下旬にサンフランシスコで予定されています。

スペースxのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、
7月19日の会議でShiremanとのステージ上のインタビューで、同社のスケジュールも自信を持って表明した。

「NASAがクルー・ドラゴン(Crew Dragon)と呼んでいる名前を使用して、
「私たちの主な焦点は、特に来年かそれ以上、ドラゴン2の宇宙船です」と彼は言いました。

私たちの主な焦点は何ですか?来年中頃にNASAに約束したように、
私たちが乗組員を国際宇宙ステーションに乗せるための軌道に乗っていることを確認してください。
「それは本当にエキサイティングなことだ」

ムスク氏は、クルードラゴンの宇宙船の開発は、ドラゴンが現在運航している貨物よりも難しいと認めた。
「物事が正しいことを確かめるには巨大な一歩」と彼は言った。
「NASAの監督はずっと厳しい」

スペースxとNASAとの関係について、
「技術的な詳細については、来年に向けていくつかの議論が行われている。
しかし、後に彼はこれらの議論を、不特定の「難解な」問題について、「論争の技術的骨格」と述べた。

ボーイングはまた、スケジュールを維持する能力に自信があります。
ボーイングのスターライナークルーとミッション・システム担当ディレクター、
クリス・ファーガソン氏は、7月20日のパネルセッションで、
この会議で「非常に積極的なテストプログラムの真っ只中」と述べた。

フライトテストに先立ち、ニューメキシコ州ホワイトサンドで2018年初頭に予定されていた、
パッドのテストと、パラシュートの落下テストが行われたという。

ファーガソン氏は、この飛行試験プログラムは、2018年6月から12月にかけてNASAの認証を受け、
その日の早い段階で「来年の後半に」打ち上げを予定していると述べた。

しかし、6月と8月の試験飛行の予定が残っていることが明らかになった。

「私たちのスケジュールは6月から変わっていない」と彼はインタビューで語った。
「それは我々が対処しなければならない課題があり、
我々は予定がどこにあるかを決めるだろう」と言った。

ボーイングは近い将来、その試験飛行スケジュールをより明確にするかもしれない。
ファーガソン氏は、アトラスVロケットでCST-100を打ち上げるユナイテッド・ローンチ・アライアンスは、
打ち上げの約12ヶ月前に「非握手型の合意」を要求していると語った。

「動きがあるとすれば、まだ何も計画されていないが、ULAが望むものと一貫性を保つためには、
まもなくそれが起こるだろう」と彼は語った。

もう1つのマイルストーンは、NASAの宇宙飛行士がボーイングのパイロットと一緒にクルーの
飛行試験を行う飛行士を選ぶことです。

「伝統的には、[発射]から12ヶ月を差し引いたものだった」と彼は先の乗組員の選択について語った。

彼らが先に進んで乗組員を派遣する前に、彼らがしたいことは何らかのスケジュール保証があると思う。
彼らがクルーの飛行機発射から約12ヶ月間だと感じたら、任務が出てくるのを見ることができると思う」

ファーガソン氏は、CST-100の最初の運用または事後認証ミッション(PCM)は、
来年12月にすぐに飛行できると述べたが、そのスケジュールは機体の開発とISSのニーズの両方に依存している。
「任命される次のクルーは2019年5月に開始されるだろうと思う」と彼は語った。

「我々はそれに注意を払っている。 NASAには、そこに記入したい空白があります。
私たちは彼らのためにそれを埋めるためにそこにいたいと思います。」

The Space Review(2017年7月21日)
http://spacenews.com/nasa-and-companies-express-growing-confidence-in-commercial-crew-schedules/
by Jeff Foust

関連記事
[ 2017/07/23 00:22 ] スペースX | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masasidayo.blog100.fc2.com/tb.php/438-4dbafa56