スペースxはレッドドラゴンの任務に3億ドルを費やすと見積もられています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スペースxはレッドドラゴンの任務に3億ドルを費やすと見積もられています。

スペースxはレッドドラゴンの任務に3億ドルを費やすと見積もられています。
スペースXの「レッドドラゴン」コンセプトでは、ドラゴンの宇宙船を使用して、その後の人間のミッションの先駆けとして火星の表面に着陸を想定しています。

ワシントン-NASAは、スペースxがレッドドラゴン火星着陸ミッションで3億ドルを
費やしていると推定している。

NASAの宇宙技術ミッションディレクターであるジム・ロイターは、
7月26日のNASA諮問会議の技術委員会で、4月に発表されたNASAのスペースxとの合意の概要を発表し、
火星着陸ミッションが2018年5月に打ち上げられる。

NASAとスペースxとの間の資金の交換は、非拘束の宇宙条約の形で行われている。
ロイターによると、NASAは、主にスペースxの技術サポートを提供するNASAの人員の形で、
4年間で約3200万ドルを費やすと見込んでいると語った。
今年度は約6百万ドルが費やされると同氏は付け加えた。

ロイターは、スペースxがどれくらいの費用を費やしていたかを委員会から聞いたところ、
同社の投資額はNASAの10倍であることを示しました。

「彼らは、コスト面で10対1の取り決めについて話し合った。つまり10対1の約束だ」と彼は語った。
NASAの投資を考えれば、スペースxはレッドドラゴンに約3億ドルを費やしていることを意味している。

スペースxは、ミッションの見積もり費用や、それをどう支払うかについては明らかにしていません。
ロイターは、同社がどのようにミッションに資金を提供しているかについて、
「私には分かっていない」と述べた。

ロイターはまた、ミッションに関するいくつかの追加的な技術的詳細を提供した。
ファルコンヘビーに打ち上げられたレッドドラゴン宇宙船は、
クルードラゴン宇宙船に基づいています。

スペースXは、NASAの商用クループログラムのために開発しています。
ミッションのために必要でないディスプレイや環境制御を含め、
カプセルの内装の多くは取り除かれます。

カプセルに取り付けられた加圧されていない胴部は、主にソーラーアレイの配置と熱制御の形で、
「より実質的な」変更を行うと言われています。

NASAはレッドドラゴンの使命をサポートするためにいくつかの分野で専門知識を提供しています。
同局はすでに着陸地選定のアドバイスと技術サポートを提供している、と彼は言った。
その他の支援には、通信のための宇宙ネットワーク、惑星保護プロトコルに関する協議がある。

NASAは、レッドドラゴンを支援するためにこの投資を行った。
「我々は、彼らのコンセプトが成功した使命であるという妥当な可能性があると判断した」と彼は述べた。
私たちは専門知識がそれを強化すると考えました。

NASAは、スペースXが着陸中に収集したデータにアクセスし、
火星表面に大きな宇宙船の着陸を可能にする重要な手段として、超音速を航行する手法を使用する。
NASAが火星に約1トンの宇宙船を搭載している間、レッドドラゴンは着陸時に8~10トンの重さであると語った。

そのようなミッションが飛ぶ前に、2020年代後半か2030年代初頭になるだろう"と彼は言った。
レッドドラゴンのデータは10年早く到来し、2020年頃に予想されるNASAの決定に、
人間の火星のミッションのアーキテクチャに関する情報を提供するのに役立ちます。

しかし、それは、レッドドラゴンが2018年5月に予定どおりに打ち上げられることを前提としています。
「それは非常に積極的なスケジュールだ」と彼は語った。

スペースxとの合意には、NASAが今年末近くに「システムミッションディスカッション」から始まって、
そのスケジュールにどれだけうまくやっているかを判断するためのマイルストーンが含まれているという。

スペースXは、レッドドラゴンの仕事は、
顧客に支払うための他の任務よりも会社の優先順位が低いことを示しているという。
「彼らの最優先事項はISSクルーであり、次の優先事項は打ち上げサービスのための
他のすべての約束を満たすことである」と彼は語った。
「これはその後になる」

レッドドラゴンはスペースxのために、火星への人間の遠征と決済のための同社の長期計画の一環として、
一連の任務の中で初めてのものです。

スペースxの創設者兼最高経営責任者(CEO)イーロン・マスクは、
先月の会議で、「2018年以降のあらゆる火星の機会」についての任務を26ヶ月ごとに開く予定であると発表した。

マスクはグアダラハラ国際宇宙会議で9月のプレゼンテーションで彼の火星ミッションの詳細を明らかにする予定である。
ロイターによると、 「私たちはそれについて全面的に議論をしていない」と述べた。

spacenews(2016年7月27日)
http://spacenews.com/spacex-spending-about-300-million-on-red-dragon-mission/
by Jeff Foust
関連記事
[ 2017/07/22 00:24 ] スペースX | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masasidayo.blog100.fc2.com/tb.php/437-d1bce5c9