アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)は、 スペースX Falcon9ロケットの打ち上げに伴う遅延を理由に、 インドのPSLVロケットで実験的な小型衛星を打ち上げようとしている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)は、 スペースX Falcon9ロケットの打ち上げに伴う遅延を理由に、 インドのPSLVロケットで実験的な小型衛星を打ち上げようとしている。

アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)は、スペースX Falcon9ロケットの打ち上げに伴う遅延を理由に、 インドのPSLVロケットで実験的な小型衛星を打ち上げようとしている。
DARPAは、インドのPSLVロケットでNovaWurksの実験的な「サレット」を備えたEXCITE宇宙船を打ち上げようとしています。

ワシントン -アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)は、スペースX Falcon9ロケットの打ち上げに伴う遅延を理由に、
インドのPSLVロケットで実験的な小型衛星を打ち上げようとしている。
DARPAは当初、2015年にスペースXのFalcon9で打ち上げを予定していた。

Sherpaという2次搭載アダプターで、EXCITE、またはCellular Integration TechnologiesのeXperimentという
任務を開始する予定でした。

DARPAの戦術技術室のプログラムマネージャーJeremy Palmerは、
6月29日のMilsatcom USAカンファレンスで、インド宇宙機関(ISRO)と打ち上げの機会を今求めていると語った。

「私たちは、450キロの近地点の楕円軌道で、低地球軌道を目的とした155キロメートルの
ペイロード衛星に、これらの衛星を14個集めました。
早い段階でインドのPSLVロケットにEXCITEを打ち上げることを願っています。」

DARPAのインドのロケット打ち上げは、米国政府が外国のロケットで許可されていない限り、
米国の衛星を打ち上げることを禁止することを条件としているので、皮肉なことだ。

Palmer氏は、DARPAが直面している規制上の課題とPSLVでの立ち上げを求めていることに気付いたが、
「今後の道がある」と感じている。

「それは継続的な挑戦ですが、挑戦は克服できると感じています。」

DARPA衛星は、高さ10センチメートル、重さ20センチメートル、
質量7.5キロのモジュール式の小型衛星です。

衛星には推進、パワー、姿勢制御、およびメモリのための独自のシステムが含まれています。
宇宙技術のスタートアップNovawurksは、
ハイパーインテグレートサトレット(HISat)製品を使用して宇宙船を建設しています。

DARPAのEXCITEミッションは、生物学的な細胞システムのようなサテライトバスを
構築する能力を実証することです。

衛星で使用しているセンサーのペイロードの周りにユニークなバスを形成します。
各座席は、空間内で機能するために必要なシステムをすべて備えているため、
失敗した場合には冗長性を提供します。

Palmer氏は、衛星が数十キロから2000~3000キロの場所でサテライトバスを作ることができると語った。
ある時点で、ミッションはDARPAの衛星修理のためのPhoenixプログラムの一部でしたが、
現在は別のプログラムになっています。

Palmer氏によると、このミッションには、マルチコアプロセッサー実験、無線機、パスファインダー望遠鏡、
その他の環境モニタリングセンサーを含む、ユーザー定義のアダプターを備えた、
幾つかの高付加価値ペイロードが含まれる予定だという。

キューブサットの製造元であるPumpkinは、"スナップオン"ソーラーウィングを供給しています。
EXCITEミッションには、フリー・フライヤー望遠鏡も付いている、とPalmer氏は語った。

SPACENEWS(2017年7月3日)
http://spacenews.com/darpa-trying-to-launch-smallsat-experiment-on-an-indian-rocket/
by Caleb Henry
関連記事
[ 2017/07/19 23:55 ] スペースX | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masasidayo.blog100.fc2.com/tb.php/435-0e4c92a3