ロシアはスペースxと競争する計画を持っているが、欠陥がある。新しいソユーズ5ロケットで競争することを望んでいます。【スペースx関連】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ロシアはスペースxと競争する計画を持っているが、欠陥がある。新しいソユーズ5ロケットで競争することを望んでいます。【スペースx関連】

ロシアはスペースxと競争する計画を持っているが、欠陥がある。新しいソユーズ5ロケットで競争することを望んでいます。【スペースx関連】
ロスコスモス局長、イゴール・コマロフ(右)は元宇宙飛行士アレクサンドル・ボルコフと話をする。

ロシアは生産コストが低く、効率的なロケットを使用しているため、
世界的な衛星打ち上げ市場ではトッププレーヤーとなっています。

ソユーズとプロトンブースターの最近の失敗は助けにはならなかったが、
ロシアの卓越性に対する最大の脅威は、スペースxが明らかにしている。

公に、少なくとも、ロシアの当局者はスペースxの脅威を認識するのが遅かった。
昨年もスペースxの総コスト削減のための再使用可能な打ち上げシステムの構築を却下した。
しかし、スペースxが使用されたブースターを飛行し始め、
この新たな能力を実証するように、その情勢は2017年にシフトし始めました。

今、ロシアの宇宙機関であるロスコスモスのサイトに掲載された新しいインタビューで、
イゴール・コマロフ(Igor Komarov)最高執行責任者(CEO)は、
スペースxが自国の打ち上げ業界にとって「深刻な課題」であることを認めている。

したがって、コマロフは、ロシアが今後5年間でスペースxと競争すると考えている方法について、
その戦略を概説しました。

短期的には、ロシアはスペースXとの価格競争のために生産コストをコントロールするために作業することをサイトに語った。
今後5年間で、国はファルコン9ロケットと同じクラスの中型打ち上げ機であるソユーズ5ロケットの開発を確定すると述べた。

消耗しやすいソユーズ5は、ソユーズの旧バージョンよりも複雑さが少なく、飛行時間は20%も短くなります。
「この目標を達成すれば、競争力が確保されるだろう」とコマロフ氏は語った。
彼は、スペースxが積極的に再利用性を推進することで、
今後5年間で打ち上げコストを15%から20%削減することに成功すると賭けている。

しかし、この戦略には潜在的に根本的な欠陥があります。
スペースxは、実績のあるブースターのコスト削減については気をつけていましたが、
最初に使用された第1ステージの飛行では30%の割引がありました。
これは、エンドポイントではなくコスト削減の出発点のようです。

5年前、2012年にスペースxはFalcon 9ロケットをデモ機で3回飛行しました。
それ以来、同社はパフォーマンスを向上させ、第1段階を回復可能にするために3回の大幅なアップグレードを行い、
ブースターを約3ダース回飛行しています。

ブロック5の最終版は、今年末か2018年初めに予定されています。
これは数十の用途向けに設計されており、コスト削減と納期短縮のために設計されています。

スペースxがこれまでに5年間でこれを達成したとすれば、
2022年までに打ち上げコストを15~20%削減するだけでは不十分です。
削減率は50%以上、特にロケットの第2段階の復旧とペイロードのフェアリングを積極的に進めていれば、
これは積極的に働いています。

おそらく、ロシアの宇宙企業が商業的に成功する唯一の戦略は、スペースxが失敗する唯一の戦略です。
これは完全に信じられないことではありません。

スペースxは2015年と2016年に事故を起こしました。この傾向が続くと、
カリフォルニアに本拠を置く打ち上げ会社を選ぶ前に、顧客は長く考えています。
それでも、競争相手に賭けて失敗することは、貧しいビジネス戦略のようだ。

ars TECHNICA(2017年7月5日)
https://arstechnica.com/science/2017/07/russian-space-chief-hopes-spacex-will-only-reduce-prices-by-15-20-percent/
ERIC BERGER
関連記事
[ 2017/07/10 23:08 ] スペースX | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masasidayo.blog100.fc2.com/tb.php/430-11c6e26f