ニコニコ動画でMS IGLOO 2 重力戦線 PV第3弾「オデッサ、鉄の嵐!」を見た!








ニコニコ動画でMS IGLOO 2 重力戦線 PV第3弾「オデッサ、鉄の嵐!」を見た!

        

U.C.0079.10。
地球連邦軍はジオン公国軍に対し、一年戦争最大規模の地上戦となるヨーロッパ方面への反攻作戦を決行した。
総司令官レビル大将はジオン公国軍の鉱山資源採掘基地オデッサの奪還を最終目標として進軍したのだ。

U.C.0079.11.08.
オデッサ戦線の最前線にいる第44機械化混成連隊はモビルスーツの配備を受け、
独立混成第44旅団と改編されていた。
そこへ3輌のガンタンクとアリーヌたち搭乗員3名が到着した。ガンタンクのパイロット達は、
ジオン軍に総力戦を挑むべく配属された囚人兵だ。
戦闘前夜アリーヌは、あるものに遭遇する。

決戦の火蓋は切って落とされた。
ジオンのMSザクやグフに挑む陸戦ジムや61式戦車、ビッグ・トレー。
その中でガンタンク小隊はジオン軍の主力艦であるダブデの撃破に立ち向かうが…。
ガンダム史上最大の総力戦が始まる!(公式サイトより)



先日、ニコニコ動画でガンダム系の動画を漁っていた所、IGLOO2 重力戦線3話のプロモーション映像がながされていました。
冒頭の陸ジムがただ歩いてるだけのシーンを見るだけでも思わずMGを買いにプラモ屋に行きたくなる臨場感!前二作の「あの死神を撃て!」「陸の王者前へ!」と比べると戦闘描写や人物のテクスチャー(コレマッタ少佐の服の質感とか)の再現度が凄いリアルになってます。
可変するガンタンクや迫り来るドムなど見所は沢山あると思いますが、私の琴線を刺激するのは
「オデッサ、鉄の嵐!」というタイトルだけあって、ダブデ大型陸戦艇とビック・トレーとの砲撃戦でしょう。特にダブデの艦砲射撃凄すぎ、ジム&61式戦車の一個中隊が消し飛んでます(笑)
威力はドーラ並じゃないんでしょうか?

     
 ↑近藤和久氏の機動戦士ガンダム4巻に登場するダブデ級。4~5巻はオデッサの戦いが近藤
   節で繰り広げられているので必見!
  「ダブデは稜線に沿って布陣!敵の艦隊の進行を阻止す る!!」

     荒牧伸志氏によりリファインされたダブデ
  ↑ホビージャパン2009年4月号より荒牧伸志氏によりリファインされたダブデ。
    今回で全長109m全高44mと設定されたようですね。



両者の激突は機動戦士ガンダム本編や近藤和久先生の機動戦士ガンダム4~5巻の漫画の中で描かれていますが、3D映像化は初めてなので、どう立ち回りを演じてくれるのか非常に楽しみ。

つーかオデッサ作戦時に陸ジムって大量投入された設定に変わっていたんですね。手元にある戦略戦術大図鑑の中では30機が実験投入されたと書かれていますが、映像をみる限り少なく見ても50機以上あるように思えます(笑)

今回はグフカスタム、ドムなどが所狭しと映像の中を暴れていますが今回のオデッサ作戦は第二次世界大戦のクルクス大戦車戦をモチーフにしているんでしょうね。陸ジムの元ネタは初期不良が多発したドイツ軍のパンサー戦車D型、ドムやグフカスタムはタイガー戦車、エレファントという風に。強襲型ガンタンクの元ネタはこのクルクスの戦いでT34戦車を22両破壊したと言われているVK3001シュトゥーラエミールとも思いましたが、こちらは「猛獣殺し」ことSU-152 自走砲なんでしょうね。シルエットがなんとなくロシア戦車に似てますし。

VK3001
   ↑クルスク戦にて投入されたドイツ軍の試作兵器VK3001シュトゥーラエミール
    T-34戦車を22両破壊したと言われている。

su-152
   ↑同じくクルスク戦にてドイツ軍のパンサーやタイガー戦車を葬ったソ連軍SU-152自走砲
    別名「猛獣殺し」今回のRTX-440 陸戦強襲型ガンタンク(突撃砲形態)に似てると思いま
    せんか?つーかこれが絶対モチーフだよね

ニコニコ動画のコメントでは「本編よりPV映像の方が面白い」と揶揄されることの多い「重力戦線」ですが今回はそのジンクスが破られることを祈っています。

しかし今回の重力戦線は陸戦兵器については深く掘り下げられましたが、連邦軍の航空兵器にスポットが当たらなかったのが残念といえば残念。ヘルムート・ルッツ大尉の活躍やドダイを打ち落とすフライ・マンタ戦闘攻撃機や絨毯爆撃をかけるデプロッグ重爆撃機、ザク&マゼラアタックを低空から次々に破壊するマングース地上攻撃機などを見てみたかった。

→ ブログの最新記事へ
→ 模型完成品ギャラリーへ戻る

関連記事
[ 2009/03/13 02:54 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masasidayo.blog100.fc2.com/tb.php/24-2befbac9