U.C.ハードグラフ 地球連邦軍61式戦車5型 セモベンテ隊を組んで見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

U.C.ハードグラフ 地球連邦軍61式戦車5型 セモベンテ隊を組んで見る

1月23日(金)に購入してから一ヶ月以上経ってしまいました。なかなか完成に持って行くまで
しんどいです(笑)
挫折しそうになるたび「61式かわいいよ61式」と呪文のようにとなえて自分に勝って来ました。
しかし、ここまで来たなら飽きて制作放棄という可能性はほぼ無くなくなりました。
(未完成品が多い物で)

今回は『MS IGLOO 2 重力戦線』に出てくる61式戦車5型ではなく、機動戦士ガンダム本編
に登場した61式戦車として改造などを加えながら組んで見ました。

一番の改造点は砲身の可動範囲が大きくなり、砲身の上下が-20度~60度まであがったこと
ですかね?見た目のインパクトも大きくなり、ガシガシ遊べるのでオススメです。
この戦車を買うようなマニアックな人達なら、砲塔の稼動構造を把握して、簡単に改造で
きると思います。他にも砲塔自体の高さを上げたりと細かい変更を加えたりしていますが、
後に専用ページを設けてそこで解説をしてみようかと思います。


塗装レシピ

田宮アクリル
ジャーマングレイXF-63:1
フラットブルー XF-8 :0.5
パープル    X-16 :0.1


残るはM1エイブラムスから流用したキューポラのドライブラシと車体全体のドライブラシ、
及びウォッシングの再塗装といった所ですかね?来週には完成させたい。本当に。

永遠の未完成
http://www7b.biglobe.ne.jp/~masasidayo/
↑プラモのサイトです。

U.C.ハードグラフ 地球連邦軍61式戦車5型




U.C.ハードグラフ 地球連邦軍61式戦車5型



キューポラの機銃はブローニングM2重機関銃に変更。1933年にアメリカ軍が採用し、第二次世界
大戦、朝鮮、ベトナム、イラク戦争と活躍をし続けている名銃です。
戦いある所にブローニングM2あり。宇宙世紀でもマイナーチェンジを繰り返して使用され続けている。
という設定。リアル感を出すためのディティールとしての意味合いと歴史的意義からの二重の意味
で付け足しました。

RIMG3673a.jpg

→ ブログの最新記事へ
→ 模型完成品ギャラリーへ戻る
スポンサーサイト
[ 2009/03/09 00:52 ] 模型・プラモ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masasidayo.blog100.fc2.com/tb.php/23-324c73d7