火星探査車スピリット/オポチュニティのミニカーを購入








火星探査車スピリット/オポチュニティのミニカーを購入

マーズ・エクスプロレーション・ローバ(Mars Exploration Rover)
のミニカーを先日購入しました。

2台のローバの名称は、スピリット(Spirit)及びオポチュニティ(Opportunity)
6月の「はやぶさ」の地球帰還より、宇宙モノがマイブームになっていましたが、
サンスターより火星探査車が1/18にてミニカーになっていると知り、KIDBOXの通販
にて購入しました。
ディティールや塗装は甘いものの、唯一スケール化されているので、機会があれば
再塗装やディティールアップを考えています。

火星探査車(ローバー)【スピリット/オポチュ二ティ】


【機体解説】

マーズ・エクスプロレーション・ローバーは2004年1月に火星に到達しました。
ローバーは一台だけでなく、2台で運用され、それぞれスピリット(Spirit)及び
オポチュニティ(Opportunity)と命名されています。

本来なら90日が稼動限界とされていましたが、着陸より6年が過ぎた2010年経った
今でも探査活動を続けています。
(スピリットは移動不能になり、定点観測を続けています)

2台の科学的成果は目覚しく、簡単に成果を箇条書きにしてみました。

・過去の火星における水の存在の証明
・人類史上初、地球以外の惑星で初の隕石発見
・火星起源の隕石と同成分の岩をメリディアニ平原で発見(火星起源の隕石の証明)
・ESAの「マーズエクスプレス」との間で通信を行い、国際的惑星間のネットワークの確立。
・火星の衛星「フォボス」「ダイモス」の日食を観測

着陸時はマスコミなどで大きく報道され、注目が集まりましたが、ブームが去った後も
両探査車はコツコツと活動を続け、多くの科学的成果を挙げています。

特にオポチュ二ティは走行距離20kmを超え、今まで調査したクレーターを遥かに上回る
エンデバークレーターを目指して、走行を続けています。

2011年の11~12月にはNASAの新型火星探査車マーズ・サイエンス・ラボラトリー(Mars Science Laboratory
:通称MSL)
が打ち上げを予定されていますが、着陸予定の2012年までにスピリットとオポチュニティがまだ火星で健在で
あることを祈っています。

火星探査車(ローバー)【スピリット/オポチュ二ティ】②
製造元のSUNSTAR(サンスター)は香港製のブランドで、1/18、1/43のミニカーを中心に発売しています。
レゴ社からブロックのおもちゃとして発売されている「火星探査車ローバー 」以外では世界で唯一のスケール
キットです。

火星探査車(ローバー)【スピリット/オポチュ二ティ】③
ミニカーとしては良く出来ていますが、塗装にややムラ等があるため、機会があれば再塗装を行いたいと
思います。各パーツはネジや差込方式で付いている為、分解が可能です。

火星探査車(ローバー)【スピリット/オポチュ二ティ】②

火星探査車(ローバー)【スピリット/オポチュ二ティ】
着陸方法は1997年7月4日に火星に着陸した探査車「ソジャーナ」が使用した信頼のエアバック方式。
付属品にエアバッグを格納したランダー(着陸船)もついてきました。
ただし、探査車の気合の入り方に比べると、ディティールが甘いです。

火星探査車(ローバー)【スピリット/オポチュ二ティ】
各種計測機器が一つのロボットアームに搭載されている。通称アテナ科学パッケージ。(顕微鏡カメラ、
岩石研磨装置、アルファ粒子・X線スペクトロメータ、メスバウワースペクトロメータ)

火星探査車(ローバー)【スピリット/オポチュ二ティ】
火星の夕日は青いことで有名。実際に火星探査車「スピリット」が撮影した火星の夕日の写真と模型を
デジラマにて合成。気象の変化の少ない火星では、探査車は毎日この光景を見ているのでしょうか。



→模型完成品ギャラリーへ戻る


おまけ

もっと火星探査車の事が知りたい!という貴方に幾つか火星探査車の動画を紹介したいと思います。




NASAが2003年に制作した、マーズ・エクスプロレーション・ローバーミッションのミッション説明用CG。
火星を扱ったドキュメンタリーやTV番組などで作中のシーンが必ず使われているので、皆さんも一度は
見たことがあるはずです。
火星への降下シーン等『機動戦士ガンダム MS IGLOO』などのSF作品にも影響を与えたことで有名。




NASAジェット推進研究所が2006年に『オポチュニティ』がビクトリアクレーターに到達記念として制作した動画。




NASA新型火星探査車マーズ・サイエンス・ラボラトリー(日本語訳:火星科学研究所)のミッション説明用CG。
関連記事
[ 2010/10/17 20:42 ] 模型・プラモ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masasidayo.blog100.fc2.com/tb.php/161-57eb05e7