スペースX - 永遠の未完成








9/13~9/17までのスペースXに関する海外の記事を紹介

9/13~9/17までのスペースXに関する海外の記事を紹介

■スペースX情報
スペースXのITSの打ち上げ施設として、テキサス州ボカ・チカの工事が始まる。【.teslarati.com】9/17
Tom Mueller interview/ speech, Skype call, 02 May 2017【reddit】9/16
スペースXのお蔵入りだった爆発映像集-How Not to Land an Orbital Rocket Booster- 【SpaceX】9/15
アーマーハリケーン、SpaceXテスト衛星、テキサス発射場の影響【reddit】9/14
世界のロケット業者は小型ロケットベンチャーが最終的には大きなプレーヤーに負けてしまうと指摘【spacenews】9/13

■NASA情報
カッシーニ後:ジャイアント・プラネット探査は木星にシフト【Space.com】 9/17
米国惑星協会の火星探査機の通信に関するレポート【planetary.org】9/17
NASAは2020年末までに火星からサンプルを返還することを検討【spaceflightnow】9/17
NASAはニューフロンティア計画にてタイタンとエンケラドスの探査の提案があると言及。【spacenews】9/15

■その他宇宙情報
JAXA火星衛星探査機(MMX)チームとNASAとの宇宙科学・探査に関する共同記者説明会【jaxa】9/17
中国が再利用ロケット「新干线一号」を発表【chinaspaceflight】9/16
第20回火星協会大会のハイライト【spaceflightnow】9/16
「はやぶさ2」を利用したアウトリーチ・教育活動についての意見交換会のお知らせ(第2報)【jaxa】9/15
「一帯一路」の宇宙情報回廊構築を中国が推進 ASEANと衛星データ共有へ【recordchina】9/15
月探査機「かぐや」打ち上げから10年…日本と世界の月探査、これからの道【sorae.jp】9/13
中国の嫦娥5号の延期とサンプルリターンの分析は米国も参加できるのか【scientificamerican】9/13
JAXA相模原キャンパス特別公開2017(第2回)【mynavi】9/13
ロシアは宇宙基地の開発のため2017-2025年に3400億ルーブル以上に資金を投入する【tass】9/13

TwitterでもスペースXや宇宙の情報を発信中!
[ 2017/09/17 23:18 ] スペースX | TB(0) | CM(0)

スペースx クルードラゴンの宇宙飛行士が、 宇宙船のフルサイズモデルを使用して練習を開始しました。

スペースx クルードラゴンの宇宙飛行士が、 宇宙船のフルサイズモデルを使用して練習を開始しました。

NASA Commercial Crew Program

スペースx、NASA、およびスペースx クルードラゴンの
国際宇宙ステーションに帰還する宇宙飛行士が、
宇宙船のフルサイズモデルを使用して練習を開始しました。

異常な復旧状況では、スペースxは米国空軍と協働して宇宙飛行士を
水中のカプセルから回収するために救助兵を送る必要があるかもしれません。

最近、NASAのケネディ宇宙センター近くのインド川ラグーンにリカバリートレーナーを降ろし、
空軍のパラレスキュー(※)から宇宙船に乗って宇宙飛行士を救助する技術を学ぶことができました。

このようなレスキューの練習は、宇宙飛行士やサポートチームに不測の事態で、
乗組員を安全に救助するための重要な措置を練り練り直す多くの機会を与えるため、
すべての人間のミッションで行われる。

数多くの手順が開発され、様々な状況に対処するために時間をかけて実践されます。

スペースxは、宇宙飛行士を国際宇宙ステーションに運ぶために、
NASAのCommercial Crew Programと協力してCrew Dragonを開発しています。

リカバリトレーナーは、スペースxによって構築され、
ケネディのPrototype Labによってスペースx仕様に変更されました。

クルードラゴンの外側モールドラインと同じ寸法で、
スラスタやインジケータと外側の他のマーキングがあります。

計器パネルを含む乗組員のエリアは本物の宇宙船と内部は同じです。

(※)Pararescuemen(PJとしても知られている)は、
人道援助および戦闘環境における人員の救助、および医療処置を任された、
米国空軍特別措置指令(AFSOC)および航空戦闘司令(ACC)オペレーターである。
これらの特殊部隊は、NASAの任務を支援するためにも使用され、
水上着陸後に宇宙飛行士の復旧に使用されています。

NASA Commercial Crew Program(2017年7月20日)
https://blogs.nasa.gov/commercialcrew/2017/07/20/recovery-and-rescue-teams-practice-with-full-size-crew-dragon-trainer/
by Amanda Griffin.
[ 2017/07/29 00:17 ] スペースX | TB(0) | CM(0)

総務省主導の超小型火星探査機は2020年に火星到着の夢を見るか?

『日本が2020年に火星探査機を飛ばす』
それは2017年3月13日の朝日新聞の記事から始まりました。

自分は宇宙好きで、その中でも火星探査に滅茶苦茶興味があったので、
火星探査に関する情報は良くチェックしていたのですが、この情報は初耳でした。

総務省主導の超小型火星探査機は2020年に火星到着の夢を見るか?

なんでも総務省の専門家会議で、火星を周回する超小型衛星を
情報通信研究機構(NICT)が開発を担当、2020年に火星に向けて打ち上げられるとのこと。
任務は火星の地表にある水や酸素の検出を目的。

この記事を見た瞬間、私は朝日新聞の誤報、又は飛ばし記事ではないかと疑いました。

そもそも惑星探査ってJAXAの宇宙科学研究所(ISAS)が担当している分野で、
惑星探査機の予算は300億円くらい、小型の探査機でも100億円の一大プロジェクトです。
企画から打ち上げに至るまで何年もかかり、下手すれば十年単位になります。

そんなプロジェクトが僅か数年で決まるはずが無い、
私はそう思っていました。

Twitterの宇宙に詳しい人々もこのプロジェクトの存在は今まで全く聞いていなかった様で、
「何これ?」という戸惑いの声ばかりでした。

よくよく調べてみると読売新聞の2017年1月9日の記事で、
朝日新聞と似たような記事が既に掲載がなされており、誤報ではなさそうです。

NICTと東大、大阪府立大の研究チームが火星を調べる超小型探査機の開発に
『総務省所管の情報通信研究機構(NICT)と東大、大阪府立大の研究チームが、
火星を調べる超小型探査機の開発に乗り出します。火星探査で日本は出遅れており、
50cm角程度の大きさで開発期間が短く、低コストの探査機を作ることで、頻繁な探査を可能にし、存在感を高めたい考えです。』

しかし、肝心の総務省やNICTからは正式なプレスリリースは出されてはおらず、
次第に人々の記憶から忘れられつつあるのが今の現状です。

あれから4ヶ月以上が経ち、進捗が気になった私はネットでプロジェクトの進捗を
追うことは出来ないか試すことにしてみました。

Googleで「超小型衛星 火星」とキーワードを打ち込んでも
前述の朝日新聞の記事ばかりで、他のワードでも同じような結果でした。

そこで発想を変えて「NICT 火星」と打ち込んで見ました。

なぜなら情報通信研究機構(NICT)は総務省所管の国立研究開発法人で、
主に電波や通信技術の研究を行っている機関です。

最近では、宇宙空間の産業利用の為、小型衛星の開発も扱っているので、
何かプレスリリースが出ていないかと踏んだからです。

すると、出ました!
以下の資料です。

[PDF]資料3-8 惑星資源探査 小型テラヘルツ探査機 - 総務省

総務省所管の情報通信研究機構(NICT)と東大、大阪府立大の研究チームが、 火星を調べる超小型探査機の開発に乗り出します【1】

総務省所管の情報通信研究機構(NICT)と東大、大阪府立大の研究チームが、 火星を調べる超小型探査機の開発に乗り出します【3】

中身を見ると、3月13日の朝日新聞が報道していた超小型火星探査機です!
これで本気で火星探査を目指すことが分かりました。

NICTはテラヘルツという通信技術を利用するので、
小型、軽量、開発期間の短縮、低コストを実現するのですね。
さらにテラヘルツのリモートセンサー観測で、

・大気の中の分子(酸素など)を同時に分別してスペクトル観測
・地表面の氷検出(誘電率から推定)が可能なんですね。
わずか8kgの探査機でここまで出来る。

さらなる情報を求めて「火星 テラヘルツ」とGoogleで検索してみると....

出ました!

超小型火星探査機のTHz帯ヘテロダイン分光リモートセンシングによる火星大気観測プロジェクト
『現在、東京大学航空工学研究科の中須賀研究チームが火星への超小型深宇宙探査機/着陸機の検討を進めており、
我々はこれに搭載可能な簡易なTHz帯のヘテロダイン分光システムの開発検討を進めている。』

2017年5月21日の日本地球惑星科学連合会のポスターセッションで発表されたのことで、
これは決定的です!

本当に火星に超小型衛星を飛ばすんだ!

発表内容を見ると「火星への超小型深宇宙探査機/着陸機の検討」とのことで、
ちょっと凄いです。

しかし、ここで疑問が出ました。いくら低コスト、
短期開発で済むと言え、発表が関係機関から出ていないのか?

またまた調べてみると次の記事が

宇宙ICT市場、倍増へ=高速衛星通信など重点-総務省が報告書
『総務省は21日、宇宙分野での情報通信技術(ICT)の活用促進に向け、
2030年代早期に市場規模を現在の2倍強の1兆7400億円に拡大させる数値目標などを盛り込んだ
報告書案を正式に公表した。同日の有識者会議で示した。7月に最終的なとりまとめを行う。
報告書案は、宇宙分野のICT活用に向け、観測衛星から得られるデータの自由な利用、
高速衛星通信を使ったIoT(モノのインターネット)サービス実用化、超小型衛星による月や火星の資源探査、
宇宙環境情報を活用した「太陽嵐」などの被害防止-を重点4分野に指定。』

つまり7月31日の最終会議で実施が正式なものになるのですね。
以下は総務省からのページで一般人も傍聴できるそうです。

宇宙×ICTに関する懇談会(第10回)開催案内

この宇宙ICTの内容についてはPDFで公開されており、81ページの大ボリュームで以下より参照できます。
超小型火星探査機については71ページに記載があります。

[PDF]宇宙×ICTに関する懇談会 報告書(案)

今後どうなるかは、正式な発表を待ちますが、
火星探査に挑む可能性が極めて高いのではないでしょうか?
[ 2017/07/23 23:48 ] スペースX | TB(0) | CM(0)

NASA、スペースX、ボーイングは、クルー・ドラゴンとCST-100スターライナーのテスト飛行が来年になると予想しています。

NASA、SpaceX、Boeingは、クルー・ドラゴンとCST-100スターライナーのテスト飛行が、大幅に遅れて来年になると予想しています。
NASA、スペースX、ボーイングは、クルー・ドラゴンとCST-100スターライナーのテスト飛行が、遅れて来年になると予想しています。

ワシントン - NASAと商用宇宙船を開発している2社の両社は、
場合によっては1年も経たないで、テスト飛行を予定どおりに行われていると言います。

NASAは、ボーイングのCST-100スターライナーとスペースXのクルー・ドラゴンの
テスト飛行の「最も最近公開された最新の日付」を7月20日に発表した。

各企業は、2014年9月に授与された商業乗務員輸送能力(CCtCap)契約の下で、
宇宙飛行士の未試験のテストフライトを行い、
続いて搭乗した宇宙飛行士と一緒に飛行する必要があります。

最新のスペースxのスケジュールでは、2018年2月にテスト飛行が、
その後2018年6月にはクルーのテスト飛行が予定されています。

ボーイングの予定では、2018年6月のテスト飛行と2018年8月の
クルーの飛行テスト飛行が予定されています。

予定されているものは、元のCCtCapの発表から大幅に減りました。

当時、NASAは両社の機体がテスト飛行を完了し、
2017年末までに国際宇宙ステーションへの定期的なクルー輸送ミッションのために
認定されることを期待していた。
しかし、両社は1年以上、技術的な問題を抱えていた。

NASAの大手関係者は、2018年の試験飛行に向けた同社の取り組みについてより自信を持っていました。
「商用乗組員は大きな進歩を遂げています」と、ISS研究開発会議の7月18日のスピーチで、
ISSプログラムマネージャのKirk Shiremanは述べました。

「次のISS研究開発会議では、ボーイングのCST-100 スターライナーと
スペースx クルー ドラゴンの最初の飛行をする予定です。」

2018年の会議は7月下旬にサンフランシスコで予定されています。

スペースxのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、
7月19日の会議でShiremanとのステージ上のインタビューで、同社のスケジュールも自信を持って表明した。

「NASAがクルー・ドラゴン(Crew Dragon)と呼んでいる名前を使用して、
「私たちの主な焦点は、特に来年かそれ以上、ドラゴン2の宇宙船です」と彼は言いました。

私たちの主な焦点は何ですか?来年中頃にNASAに約束したように、
私たちが乗組員を国際宇宙ステーションに乗せるための軌道に乗っていることを確認してください。
「それは本当にエキサイティングなことだ」

ムスク氏は、クルードラゴンの宇宙船の開発は、ドラゴンが現在運航している貨物よりも難しいと認めた。
「物事が正しいことを確かめるには巨大な一歩」と彼は言った。
「NASAの監督はずっと厳しい」

スペースxとNASAとの関係について、
「技術的な詳細については、来年に向けていくつかの議論が行われている。
しかし、後に彼はこれらの議論を、不特定の「難解な」問題について、「論争の技術的骨格」と述べた。

ボーイングはまた、スケジュールを維持する能力に自信があります。
ボーイングのスターライナークルーとミッション・システム担当ディレクター、
クリス・ファーガソン氏は、7月20日のパネルセッションで、
この会議で「非常に積極的なテストプログラムの真っ只中」と述べた。

フライトテストに先立ち、ニューメキシコ州ホワイトサンドで2018年初頭に予定されていた、
パッドのテストと、パラシュートの落下テストが行われたという。

ファーガソン氏は、この飛行試験プログラムは、2018年6月から12月にかけてNASAの認証を受け、
その日の早い段階で「来年の後半に」打ち上げを予定していると述べた。

しかし、6月と8月の試験飛行の予定が残っていることが明らかになった。

「私たちのスケジュールは6月から変わっていない」と彼はインタビューで語った。
「それは我々が対処しなければならない課題があり、
我々は予定がどこにあるかを決めるだろう」と言った。

ボーイングは近い将来、その試験飛行スケジュールをより明確にするかもしれない。
ファーガソン氏は、アトラスVロケットでCST-100を打ち上げるユナイテッド・ローンチ・アライアンスは、
打ち上げの約12ヶ月前に「非握手型の合意」を要求していると語った。

「動きがあるとすれば、まだ何も計画されていないが、ULAが望むものと一貫性を保つためには、
まもなくそれが起こるだろう」と彼は語った。

もう1つのマイルストーンは、NASAの宇宙飛行士がボーイングのパイロットと一緒にクルーの
飛行試験を行う飛行士を選ぶことです。

「伝統的には、[発射]から12ヶ月を差し引いたものだった」と彼は先の乗組員の選択について語った。

彼らが先に進んで乗組員を派遣する前に、彼らがしたいことは何らかのスケジュール保証があると思う。
彼らがクルーの飛行機発射から約12ヶ月間だと感じたら、任務が出てくるのを見ることができると思う」

ファーガソン氏は、CST-100の最初の運用または事後認証ミッション(PCM)は、
来年12月にすぐに飛行できると述べたが、そのスケジュールは機体の開発とISSのニーズの両方に依存している。
「任命される次のクルーは2019年5月に開始されるだろうと思う」と彼は語った。

「我々はそれに注意を払っている。 NASAには、そこに記入したい空白があります。
私たちは彼らのためにそれを埋めるためにそこにいたいと思います。」

The Space Review(2017年7月21日)
http://spacenews.com/nasa-and-companies-express-growing-confidence-in-commercial-crew-schedules/
by Jeff Foust

[ 2017/07/23 00:22 ] スペースX | TB(0) | CM(0)

スペースxはレッドドラゴンの任務に3億ドルを費やすと見積もられています。

スペースxはレッドドラゴンの任務に3億ドルを費やすと見積もられています。
スペースXの「レッドドラゴン」コンセプトでは、ドラゴンの宇宙船を使用して、その後の人間のミッションの先駆けとして火星の表面に着陸を想定しています。

ワシントン-NASAは、スペースxがレッドドラゴン火星着陸ミッションで3億ドルを
費やしていると推定している。

NASAの宇宙技術ミッションディレクターであるジム・ロイターは、
7月26日のNASA諮問会議の技術委員会で、4月に発表されたNASAのスペースxとの合意の概要を発表し、
火星着陸ミッションが2018年5月に打ち上げられる。

NASAとスペースxとの間の資金の交換は、非拘束の宇宙条約の形で行われている。
ロイターによると、NASAは、主にスペースxの技術サポートを提供するNASAの人員の形で、
4年間で約3200万ドルを費やすと見込んでいると語った。
今年度は約6百万ドルが費やされると同氏は付け加えた。

ロイターは、スペースxがどれくらいの費用を費やしていたかを委員会から聞いたところ、
同社の投資額はNASAの10倍であることを示しました。

「彼らは、コスト面で10対1の取り決めについて話し合った。つまり10対1の約束だ」と彼は語った。
NASAの投資を考えれば、スペースxはレッドドラゴンに約3億ドルを費やしていることを意味している。

スペースxは、ミッションの見積もり費用や、それをどう支払うかについては明らかにしていません。
ロイターは、同社がどのようにミッションに資金を提供しているかについて、
「私には分かっていない」と述べた。

ロイターはまた、ミッションに関するいくつかの追加的な技術的詳細を提供した。
ファルコンヘビーに打ち上げられたレッドドラゴン宇宙船は、
クルードラゴン宇宙船に基づいています。

スペースXは、NASAの商用クループログラムのために開発しています。
ミッションのために必要でないディスプレイや環境制御を含め、
カプセルの内装の多くは取り除かれます。

カプセルに取り付けられた加圧されていない胴部は、主にソーラーアレイの配置と熱制御の形で、
「より実質的な」変更を行うと言われています。

NASAはレッドドラゴンの使命をサポートするためにいくつかの分野で専門知識を提供しています。
同局はすでに着陸地選定のアドバイスと技術サポートを提供している、と彼は言った。
その他の支援には、通信のための宇宙ネットワーク、惑星保護プロトコルに関する協議がある。

NASAは、レッドドラゴンを支援するためにこの投資を行った。
「我々は、彼らのコンセプトが成功した使命であるという妥当な可能性があると判断した」と彼は述べた。
私たちは専門知識がそれを強化すると考えました。

NASAは、スペースXが着陸中に収集したデータにアクセスし、
火星表面に大きな宇宙船の着陸を可能にする重要な手段として、超音速を航行する手法を使用する。
NASAが火星に約1トンの宇宙船を搭載している間、レッドドラゴンは着陸時に8~10トンの重さであると語った。

そのようなミッションが飛ぶ前に、2020年代後半か2030年代初頭になるだろう"と彼は言った。
レッドドラゴンのデータは10年早く到来し、2020年頃に予想されるNASAの決定に、
人間の火星のミッションのアーキテクチャに関する情報を提供するのに役立ちます。

しかし、それは、レッドドラゴンが2018年5月に予定どおりに打ち上げられることを前提としています。
「それは非常に積極的なスケジュールだ」と彼は語った。

スペースxとの合意には、NASAが今年末近くに「システムミッションディスカッション」から始まって、
そのスケジュールにどれだけうまくやっているかを判断するためのマイルストーンが含まれているという。

スペースXは、レッドドラゴンの仕事は、
顧客に支払うための他の任務よりも会社の優先順位が低いことを示しているという。
「彼らの最優先事項はISSクルーであり、次の優先事項は打ち上げサービスのための
他のすべての約束を満たすことである」と彼は語った。
「これはその後になる」

レッドドラゴンはスペースxのために、火星への人間の遠征と決済のための同社の長期計画の一環として、
一連の任務の中で初めてのものです。

スペースxの創設者兼最高経営責任者(CEO)イーロン・マスクは、
先月の会議で、「2018年以降のあらゆる火星の機会」についての任務を26ヶ月ごとに開く予定であると発表した。

マスクはグアダラハラ国際宇宙会議で9月のプレゼンテーションで彼の火星ミッションの詳細を明らかにする予定である。
ロイターによると、 「私たちはそれについて全面的に議論をしていない」と述べた。

spacenews(2016年7月27日)
http://spacenews.com/spacex-spending-about-300-million-on-red-dragon-mission/
by Jeff Foust
[ 2017/07/22 00:24 ] スペースX | TB(0) | CM(0)