宇宙・惑星探査 - 永遠の未完成
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

宇宙ビジネス入門 NewSpace革命の全貌 | 石田 真康 |読書感想

宇宙ビジネス入門


近年、スペースXやブルーオリジンなどのNEW SPACEと呼ばれる宇宙ベンチャー企業が台頭、
日本でもグーグル・ルナ・Xプラナイズに参加するHAKUTOやホリエモンこと堀江貴文氏が率いる、
インターステラテクノロジズ株式会社など、宇宙ベンチャーに関する話題が盛り上がっています。

そんな2017年の夏に本書は出版され、目まぐるしく変わる宇宙業界をビジネス目線から解説した本になります。
筆者の石田真康さんはA.T.カーニ-プリンシパルで長く経営コンサルティングを手掛けているだけに、
宇宙業界の市場規模やキープレーヤーについて詳細に解説してくれます。

まずは1章で米国や世界の宇宙産業の歴史を解説、国家主導型の宇宙開発から段階的に民営化や産業化に至った流れを辿り、
シリコンバレー業界や異業種からの参戦により、大きく産業構造が変化して行ったのかを理解することができます。

3章の「宇宙企業家たちのビジョン」では、皆が知っているスペースXのイーロン・マスク氏やブルー・オリジンのジェフ・ベゾス氏、
さらにはFace Book創業者のマーク・ザッカーバーグ氏が衛星ビジネスに参入していたり、
グーグル・ルナ・XプラナイズのXプラナイズ財団を運営しているピーターディアマンズ氏など、
今まで知らなかった宇宙企業家の活躍にも筆を割いています。
個人的にはこの章が一番興味深く読めました。

世界の動きだけだなく、6章で日本の宇宙ビジネスも勿論解説、政府が進めている宇宙産業ビジョン2030や、
宇宙政策に関わる宇宙開発戦略本部の解説をしています。
246ページに渡って、広範囲なジャンルを網羅しているので、自分の興味のあった部分を自分でピックアップして、深堀りするなど、宇宙ビジネスに関する辞書的な使い方も大いにアリだと思います。
スポンサーサイト
[ 2017/09/04 23:54 ] 宇宙・惑星探査 | TB(0) | CM(0)

ロシアはISSプログラムの終了後、有人飛行で別々の道を行くように見える。

ロスコスモスのイゴール・コマロフ首相は3月、ロシアが新しいロシア国家宇宙基地の基礎を形成するために、2024年にISSモジュールを分離すると述べた。 しかし、来月には、ロシアは、2028年までロシアに滞在できると

ロスコスモスのイゴール・コマロフ首相は3月、ロシアが新しいロシア国家宇宙基地の基礎を形成するために、
2024年にISSモジュールを分離すると述べた。しかし来月には、ロシアは2028年までロシアに滞在できると述べた。

この記事はSpaceNews Magazineの2017年7月17日号に掲載されました。

国際宇宙ステーション(ISS)計画の終焉が近づいて、
プロジェクトを後援している全米の宇宙機関は、次に来るものの計画を立てようとしている。
この議論は、ロシアよりも懸念されているところではありません。

そこでは、ISS後の取り組みの問題が、ロシアの宇宙における未来の問題について包括されています。

無慈悲な予算の削減、現在の西側パートナーとの貧しい関係、そして技術的な限界によって、
ロシアはISSプログラムの終了後、有人飛行で別々の道を行くように見える。

少なくとも現時点での政策と意図の公式声明に基づく唯一の真の問題は、
それがいつ起きるかということです。現在、最良の推測は2024です。

ロシアのロスコスモス宇宙局長イゴール・コマロフはこれを公然と明確にすることはあまり行っていない。
そして、彼は最近数ヶ月間に何度か自分に矛盾しています。

コマロフは3月に、ロシアが新しいロシア国家宇宙ステーションの基礎を形成するために、
2024年にISSモジュールを分離すると述べた。

しかし、コロラドスプリングズの第33回宇宙シンポジウムで4月に語ったところによると、
ロシアは2028年まで滞在できると述べた。

6月のフランスのル・ブルジェ・エアショーで、コモロフ氏は、
国家の有人宇宙計画の将来を広範に打ち明けようとし、
再度矛盾するように見えた。

コモロフ氏は、タイムラインを提出しなかったが、
中国はロシアが来るべき宇宙ステーションプロジェクトに参加するよう提案したと語った。

ロシアのRIAノボスティ通信によると、「現時点では、将来のための合意と計画はあるが、具体的なものはない」と述べた。

ロシアの老朽化したソユーズカプセルは、中国のほぼ同じ神舟カプセルと並んで、
現在、宇宙飛行士を軌道と背中に運ぶための世界で唯一の宇宙飛行士である。

彼らは滞在するのだろうか、彼らは行くだろうか?

額面的に見ても、ロシアは西側との大規模な宇宙協力の終結と、中国とのタクシーを示しているようだ。
ロシアの宇宙産業はこれに同意しているようだ。

近年、ロシアのメディアは、新しいロシアのステーションや
中国との共同プロジェクトに関する請負業者の提案をいくつか報告している。

問題は、ロシアがモジュールを分離するかどうかではなく、いつ行われるかということである。
ISSのロシア部門の運営は、2025年に締結された政府の現行の10年間の宇宙資金プログラムの下で、
少なくとも2024年にはすでに閉鎖されている。

このようにして、2024年以降の継続的な運営は、過去3年間、ロシアは新たなロシア国家宇宙ステーションの建設を
宇宙探査の次の目標として続けています。

これはISSからモジュールを分離するプロジェクトです。
この提案の最強の支持者は、RSC エネルギアのようなロシアの宇宙産業請負業者、
ドミトリーロゴジン副首相のような政治家であった。

ロシアの宇宙当局は、待っているモジュールをISSの一部に追加すると主張し続けている。
先月ル・ブルジェで、RSC エネルギアのウラジミール・ソルツェフ氏は、
ナウカの多目的ラボモジュールが来年に発表されるとしており、
同様に新しいエネルギーモジュールとドッキングモジュールの発表が控えていると述べた。

6月下旬に発表されたエネルギアの年次報告書では、
この3つのモジュールは、将来のロシア宇宙ステーションの基礎を形成するために使用されると主張している。
新しいロシアのステーション エネルギアは、
ロシアは古いモジュールを回転させて新しいモジュールで置き換えることができるので、
それは特定の寿命を持たないという意味です。

しかし、ロシアの宇宙ステーションモジュールの将来については何も確認されていないと、
モスクワ外のSkolkovoイノベーションセンターのスペースクラスターのアナン会長、イワン・コゼンコフ氏は言う。
「新しいモジュールがすぐに発表されるかどうかは疑問だ。
しかし、その提案の実装は不明ですが、ISSからそれらを分離することはもっともらしくあり実行可能です。」

中国の質問

中国は2018年に新しい宇宙ステーションを建設する計画だ。

ル・ブルジェの記者会見で、中国はロシアに計画を立てている、とRIAノボスティは述べた。
「プロジェクトへの参加についての提案を交換している」と述べた。

ロシアのモジュールをステーションに参加させる上で最大の障害は大きなもので、軌道の傾きです。
中国は、自国の打ち上げ施設や能力に有利な赤道から43度のところで打ち上げを計画している。
しかし、ロシアは51度を望んでおり、西側のパートナーはISSの建設中に譲歩した。

中国側の主張は政治的衝動であり、ISSを超えて西洋と未来をつなぐ努力の中で欠けているかもしれない。
モスクワと北京の関係が強化される中、2社は積極的にハイテク合弁会社を追求している。
中国の宇宙技術が旧ソ連技術の派生物であることを考えると、両者は容易に共存できると考えられる。

「これまでのところ、これは実際の政策よりも政治的な声明である」とコセンコフ氏は言う。
中国との協力のための真のビジョン、意志、資金はありません。

「ロシア中国の基地は可能な範囲内にあるが、NASAとの科学的協力はあまり変わらず、
今後の有人探査ミッションには何らかの国際的枠組みが含まれるだろう」と述べた。

結局のところ、新しい宇宙ステーションは、ロシアの宇宙計画の最大の懸念から遠いとコセンコフ氏は主張する。
ロスコスモスの新しい国有企業の傘下にある国内宇宙産業の改革は、
産業企業の腐敗と宇宙における重要な国家安全保障能力の低下を遅らせる努力と同様に、
議題を引き続き支配している。

コセンコフ氏によれば、「ロシアの有人宇宙飛行士は、投資回収率が低く、
削減されなければならない」とすでに主張している人もいる。

2025年以降の資金調達計画が策定されるまで、
ロシアの宇宙政策はいかなる政策においても表明されそうにない。

ロシアの経済が依然として不安定で、政府が何度も書き直しや再評価を行ったことで、
2025年のプログラムが約2年間遅れたという事実により、このような決定は行われないようだ。


SPACENEWS(2017年7月24日)
http://spacenews.com/russias-post-iss-plans-a-mystery-at-best/
by Matthew Bodner
[ 2017/07/27 00:20 ] 宇宙・惑星探査 | TB(0) | CM(0)

ホリエモンロケットの記事をまとめてみた|インターステラテクノロジズ「MOMO」

2017年7月29日(土)にホリエモンこと堀江貴文氏の出資する
「インターステラテクノロジズ」の小型ロケット「MOMO」が北海道大樹町から打ち上げられます。

日本発の民間企業によるロケットの打ち上げは初とのことで期待です!
これが成功すれば、日本の民間による宇宙開発は進むと思いますし、
是非ともうまく打ちあがって欲しいですね。

しかし、このホリエモンロケット、打ち上げに至るまで様々なことがあったようで、
面白そうな記事を記事を自分でまとめてみることにしました。

■ロケット打ち上げまでの経緯についての記事

民間初の宇宙到達を目指すロケット「MOMO」、その挑戦の意義を探る

「ホリエモンロケット」は成功するか? 世界が競う"民間ロケットビジネス"の全貌[緊急企画]

“庶民派”民間ロケットの挑戦――ホリエモン参画の宇宙事業ベンチャーが動き出す!

堀江貴文が語る、民間企業がイチからロケット開発をする難しさと宇宙ビジネスの未来

電通報:ホリエモンの「世界最低性能ロケット」


■打ち上げ会場の詳細記事

インターステラテクノロジズ 観測ロケット「MOMO」第一回打ち上げ in SKY HILLS

■ロケットの詳細技術を書いてある記事

2016年国際航空宇宙展 - 日本発のロケット会社インターステラ、今年打ち上げ予定のロケットなど展示

[PDF]「モモ」ユーザーズガイド - インターステラテクノロジズ

■インターステラテクノロジズの社長、稲川貴大さんについて

丸紅とロケット開発ベンチャーをつないだ男

稲川貴大のwiki風プロフィール!出身大学やホリエモンとの関係は

宇宙の歩き方(4)4月1日に大企業を入社辞退、民間ロケットベンチャーへ

■ロケット打ち上げのクラウドファンディングについて

ロケット発射ボタンが押せる権利も1000万円で。日本の民間ロケット企業が打ち上げ実験費用をCAMPFIREで募集中


■動画

前半 ホリエモン堀江貴文×稲川貴大【国産ロケットに未来はあるか?】宇宙ビジネスの最前線 スペシャル対談
https://www.youtube.com/watch?v=vWW9ilmBP3s

小型ロケット「MOMO」初号機打ち上げで堀江貴文氏らが会見
https://www.youtube.com/watch?v=MRQSw5ptkgE
[ 2017/07/26 19:01 ] 宇宙・惑星探査 | TB(0) | CM(0)

さよならは言わせないぜ!スピリット!-神ならぬ身にて天上の星に辿り着くもの-

火星小型探査車

【ワシントン時事】米航空宇宙局(NASA)は24日、14カ月間にわたり交信が途絶えている火星小型探査車
「スピリット(精神)」の復活を断念する方針を決めた。スピリットは2004年1月に火星に着陸。
当初予定の90日間を大幅に上回る期間活動した「長寿」の探査車として知られていた。

NASAによると、6輪車のスピリットは火星の写真撮影や土壌採取で活躍したが、クレーターの砂地で身動き
できなくなり、昨年3月22日を最後に交信できなくなった。太陽電池パネルもちりが積もり機能していないと
みられる。
火星の冬が明けるのを待って回復を期待したが交信できず、NASAは「寒さも探査車の重要な機器に影響を
与えたのだろう。交信できる可能性は極めて少ない」としている。火星の気温は低く、極地方では零下100度
下になる。

-------------------------------------------------------------------------------
探査車スピリット、火星の冬越せず
グセフクレーターの褐色のちりの上で、火星探査車スピリットが真珠のように光っている。
火星探査機マーズ・リコナイサンス・オービタが撮影し、最近公開された。
スピリットは2009年4月に砂地で身動きがとれなくなり、通信も2010年3月から途絶えていた。
NASAは5月25日、最後のコンタクトを試みたが失敗、過酷な冬の寒さに耐えられなかったと推定している。

探査車スピリット、火星の冬越せず
Image courtesy NASA/University of Arizona


↑まるで、「スピリット」の魂の輝きの様な写真ですね...
-------------------------------------------------------------------------------

たびたび、このブログで取り上げてはいた火星探査車の内「スピリット」が遂に活動を停止することなりました。
「スピリット」は2003年6月10日に打ち上げられ、2004年1月3日、「グゼフ・クレーター」へ着陸。
当時、まだ浪人生であった私は着陸のニュースに感激したものです。
1997年7月に着陸をした「ソジャーナー」に当時小学生の頃は私は感動し、夏休みの自由研究の課題としましたが、
「スピリット」の写した火星の光景は「ソジャーナー」と比べて段違いのカメラ解像度。
そして色々な風景を見せてくれ、「新たな探査時代の到来!」と毎日のテレビや新聞にかじりついていました。

当時は今で言う「はやぶさ」ブームに近かったのかも知れません。
元々は「火星の地質調査」が目的ですが、マスコミの風潮では「生命の発見が期待出来るかも?」とやたら
持て囃されていたことを憶えています。

ですが、2~3ヶ月もするとブームは去り、すっかりマスコミは取り上げれなくなりました。
私も浪人生活を3月に終えて、新たな大学生活が始まり、火星探査機のことはすっかり忘れていきました。

ですが、それで終わりではなかったんです。
しぶとく、ブームが去った後も彼らは静かに、確実に、探査を続けていました。

2006年頃ですか、ネットをあるニュースが飛び交いました。
「火星に生命の証拠を発見?写真撮影に成功!」と記事がありました。

火星の人魚
↑オカルトマニアには「火星の人面岩」並みに有名な「火星の人魚」

「わあすげえ!」と喜んで、リンクを開いて見ると、それはただの岩の写真を「生き物に見立てたもの」でした。
でもそれは、「ただの岩」ではなく火星探査車「スピリット」が捉えた火星の写真でした。

私は火星探査車「スピリット」が生きていたことになにより感激しました。
2年も火星探査を続けていたのかと....

その後、再び「火星探査車」に興味を取り戻した私は、ネットに登場する彼らのニュースを聞いては
一喜一憂していました。
まるで、「遠くに言ってしまった友人」の近況報告を聞く気分が一番近いですかね....
自分は地味でコツコツ型のタイプですが、ブームが去った後も静かに、そして着々と成果を積み重ねる
火星探査車に憧れを抱き、そして自分を重ね合わせていました。

そんな日々でしたが、2010年の3月に「スピリット」は更新を絶ってしまいました。
「いつかは通信を回復してくれるだろう」と今日まで期待していましたが、運用を停止する様で残念です。

「スピリット」の冒険はここで一旦終了ですが、まだ物語は終わっていません。
もう永遠に会えない「はやぶさ」「ボイジャー」と異なり、「スピリット」は現地配備のままです。
場所も把握していますし、アルミ製のローバーは朽ちる事はありません。

いつか、火星に人類が行ける時代はそこまで、遠い将来ではありません。NASAのことですから
「スピリット救出作戦」を展開してくれるに違いないです。そして「スミソニアン博物館に殿堂入り」です!
流石に民間人が自由に火星を行き来する時代は無理だと思いますが...
もう一機の「オポチュニティ」は名誉の「現地配備」のままでしょうか?

もしも願いが叶うなら、「地球」で「スピリット」を見学出来る、
そんな時代まで生きてみたい、見てみたいと思います。


関連記事
火星展に行きました「火星―ウソカラデタマコト」 東京大学総合研究博物館
火星探査車スピリット/オポチュニティのミニカーを購入


おまけ

もっと火星探査車の事が知りたい!という貴方に幾つか火星探査車の動画を紹介したいと思います。




NASAが2003年に制作した、マーズ・エクスプロレーション・ローバーミッションのミッション説明用CG。
火星を扱ったドキュメンタリーやTV番組などで作中のシーンが必ず使われているので、皆さんも一度は
見たことがあるはずです。
火星への降下シーン等『機動戦士ガンダム MS IGLOO』などのSF作品にも影響を与えたことで有名。




NASAジェット推進研究所が2006年に『オポチュニティ』がビクトリアクレーターに到達記念として制作した動画。




NASA新型火星探査車マーズ・サイエンス・ラボラトリー(日本語訳:火星科学研究所)のミッション説明用CG。
[ 2011/05/31 00:51 ] 宇宙・惑星探査 | TB(0) | CM(3)

NASAがまたまた地球外生命を見つけたぞ!これで何回目だ!

         【「地球外生命体の化石を発見」、NASA科学者が発表


【「地球外生命体の化石を発見」、NASA科学者が発表】
-----------------------------------------------------------------------------------
 米航空宇宙局(NASA)の科学者が、隕石(いんせき)の残留物から地球外生命体の小さな化石を発見したと発表し、大興奮と疑惑の両方の目で注目を集めている。現在、専門家約100人が精密な分析を行っている。

 NASA科学者のリチャード・フーバー(Richard Hoover)氏は4日、学術専門誌「ジャーナル・オブ・コスモロジー(Journal of Cosmology)」に論文を発表。ミミズのような形をした生命体の顕微鏡画像も添付した。

 フーバー氏は、数種類の「炭素質コンドライト」と呼ばれる水や有機物などが比較的多く含まれている隕石の断片を高性能の顕微鏡で観察したところ、バクテリア様の生命体を発見したとしている。

 フーバー氏は、この「(隕石)原産の化石」は、地球外からやってきたもので、隕石が地球に落下した後に混入したものではないと主張する。

 論文は「(フーバー氏は)これらのバクテリアの化石は、地球で混入したものではなく、この隕石の母体で生存していた有機生命体だと結論づけた。隕石の母体は、たとえば彗星(すいせい)や月、その他の天体の可能性がある」としている。

「ここから推測されることは、生命はどこにでも存在するということであり、地球の生命体も他の惑星からやってきたかもしれないということである」(リチャード・フーバー氏)

 宇宙からの微生物が隕石に含まれているとの主張は、決して新しいものではない。これまでも、宇宙空間で生命体がどのようにして生きられるかや、宇宙のどこでどのように生命が誕生したかなどをめぐり、大議論を巻き起こしてきた。

 ジャーナル・オブ・コスモロジー編集長で、米ハーバード・スミソニアン天体物理学センター(Harvard-Smithsonian Center for Astrophysics)のルーディー・シルド(Rudy Schild)氏は、フーバー氏について「非常に高い評価を受けた科学者・宇宙生物学者で、NASAで高い業績を成した人物」と説明する。

「彼の発見が激論を呼び起こす性質をもったものであることから、われわれは専門家100人を集めたほか、科学界の5000人に呼びかけ、論文の検証と批評を求めた」(ルーディー・シルド編集長)

 専門家らの論文の検証や批評は3月7日から10日に発表される。また、フーバー氏の論文はジャーナル・オブ・コスモロジーのウェブサイトで無料で閲覧することができる。

(AFPBB NEWS:2011.03.07付)

-----------------------------------------------------------------------------------

本日3月8日はこのブログ「永遠の未完成」(サイトは3周年)が開設より2周年
を迎え、そのことをネタに記事を書こうとしていたのですが、今回のNASAのニュースを
知ってしまいましたので、地球外生命体のことを書きたいと思います。

このブログを良く見ている皆さんは、数ヶ月前に同じ様な記事を見た事がある...
と思ったかも知れませんが我慢してください(笑)

実は私は2010年の12月1日に「NASAの宇宙生物学上の発見」に関する記者会見を実施の際に
ブログ記事を書いているんですね。

前回の発表から丁度3ヶ月経っていますが、あの時のがっかり感というかダメージがまだ
残っているので、今回あんまり書きたくない(笑)
地球外生命体へのロマンや熱い思いは前回の記事を参照してください。

今回の発表は事実なら凄いことでしょうが、ネット上では早くも「NASAのあるある詐欺か?」
「年度末だし予算獲得の為の発表か」と早くも懐疑的な意見が出てしまっています。

NASAは今回と似た「地球外生命体に関する重大発表」を何回か行っています。

一つは、火星からやってきたアラン・ヒルズ84001隕石に生命が存在した証拠が発見された
という発表を1996年に。二つ目は火星探査車「オポチュニティ」が火星のメリディアニ
平原に着陸、その後に火星の過去に水が存在した重要な証拠を発表した2004年。

この発表、NASAの会見前は「水の証拠を見つけた」ではなく「生命の証拠or化石を見つけた」
とネットでは期待されていました。

そして、3つ目!2010年12月3日のあの発表です!
私は深夜4時にニコニコ生放送で、NASAの会見を見てましたよええ。

そして、あの結果...いや、凄いよヒ素細菌「GFAJ-1」...生物学上は革命的なんだろうけどさー

もうネットユーザーは本当に宇宙生物発見してもあんまし、驚かないんじゃね?というのが
今回の素直な感想。

ブログとか見ても、真面目な有識者やオカルトマニアさえも今回の発表を懐疑的に見てて、
前回ほどの熱心な書き込みしてない(笑)

いや、皆宇宙のロマンとかナンやらは、前回で吐き出しちゃったから、暫くは静観の様子.....

今回の発見、分析にはまだまだ時間はかかりそうなので、果報は寝て待つ、期待せずに
のんびり良い吉報を待つとしますか...
(まあ正体は地球由来の隕石でしょうが...)


関連
これがエイリアンの姿? NASAの科学者が地球外生命体を発見したらしい - BIGLOBEニュース
Togetter - 「「隕石から地球外生命体の化石?」に関する天文クラスタ(?)の冷ややかな反応」
隕石に地球外生命の化石か…NASA研究者 (読売新聞) - Yahoo!ニュース
隕石から「地球外バクテリア」発見=NASA研究者(ロイター) - エキサイトニュース
[ 2011/03/08 00:46 ] 宇宙・惑星探査 | TB(0) | CM(0)