インド宇宙機関(ISRO) - 永遠の未完成








インド宇宙機関(ISRO)の会長は小型衛星の世界市場において、 PSLVは最善の選択と述べる。

インド宇宙機関(ISRO)の会長は小型衛星の世界市場において、 PSLVは最善の選択と述べる。

インドの宇宙研究機構(ISRO)会長であるキラン・クマーは、
宇宙機は特に宇宙飛行士の任務のために、新技術と宇宙計画に取り組んでいると言います。

独占的インタビューで、キラン・クマーはなぜインドが非常に多くのリモートセンシング衛星を
軌道に乗せているにもかかわらず、NASAの支援を受けている理由を説明している。

ISROは今年、104衛星の打ち上げから6月5日の最も重いロケットGSLV MarkIIIの打上げに至るまで、
いくつかのマイルストーンを達成しました。

これらの成果はどのように見えますか?

さまざまな活動のために多くのペイロード容量(衛星)が必要です。
できるだけ早く必要な容量を確保する必要があります。私たちが取り組んでいることに向けて。

ISROが取り組んでいる新技術は何ですか?
キャパシティランチャー(6月5日にGSLV MkIIIローンチ)の最初の開発飛行試験を行った。
我々はそれを稼働させるために打ち上げを繰り返す。

また、燃料として液体酸素とケロシンを使用した、
セミエオロジェニックエンジンに取り組んでいます。

また、衛星打ち上げ機の合理化を図っています。
我々は数ヶ月で8回のPSLVの打ち上げと2回のGSLV MkIIとMkIIIの打ち上げを見るでしょう。

私たちはまた、実験的試験が1~5年以内に起こる可能性のある、
再使用可能なロケットの次の段階に取り組んでいます。

ISROは、Gsat-11、Gsat-29、Gsat-20のようなハイスループットの衛星を
ハイビーム(高周波数で動作する特別な種類のトランスポンダー)で構築し、
通信能力を向上させています。

私たちはまた、電気推進技術(衛星が従来の燃料摂取量を減らし、
代わりに太陽エネルギーから宇宙でエネルギーを引き出すのに役立つ)の助けを借りて、
衛星の重量能力を改善しようとしています。
Gsat-9(南アジア衛星)にはこの技術があります。

宇宙機関が、1963年に最初のロケットを打ち上げて、国の最も重いロケットを打ち上げました。
この宇宙技術の進歩を、どうやって見ることができますか?

容易に入手できなかった宇宙技術の先の取り組みに焦点を当てることは、
私たちがこれまでにやって来るのを助けました。

私たちはこれらの技術を達成するために一貫して追求してきました。

ISROが直面する苦難は何でしたか?

当初、ISROは低温エンジンの開発の問題に直面していたし、
GSLVの失敗の数々を目の当たりにした。
このハードルは実際にGSLV Mk IIとMk IIIプログラムを遅らせました。

ISROは、マーズオービターミッションとチャンドラヤーンを最初の試みで成功させ、
同様の任務のためにNASAの予算よりも少ない予算で成功させました。

私たちの技術は費用効果が高いのですか?

私たちは、私たちが利用できるリソースの範囲内でより多くを達成しようとしています。
私たちの方法論は他の国とは異なります。
しかし、私たちは他の人たちがやったことからも恩恵を受けました。

1999年以来、ISROは28カ国の209の衛星を打ち上げており、商業市場に影響を与えていると思いますか?

衛星打ち上げから得ているお金は小さいです。
しかし、重要なことは、ISROが小型衛星打ち上げ市場で100kg未満から500kgに及ぶものをマークしていることです。
このPSLVクラスはどこでも利用できません。
私たちは頻繁な立ち上げに取り組み、重要な衛星と一緒に小さな衛星を運ぶ能力を持っているので、
PSLVは市場で利用可能な最良の選択肢です。

小型衛星を運ぶことで、打ち上げコストを削減することもできます。
世界的には小型衛星がその日の秩序となっています。

インドの米国とイスラエルとの宇宙協力はどうですか?

NASAを含む個々の宇宙機関は、それぞれの政府から宇宙計画のために十分な資金を得ていない。
したがって、宇宙機関間の共同作業は日常です。

インドとNASAは現在、NISAR(NASA-ISRO Synthetic Aperture Radar)プロジェクトに取り組んでいます。

モディ首相がテクノロジーに重点を置いているので、
センターが割り当てたスペースの予算はISROにとって十分であると思いますか?

積極的に、宇宙計画の予算が増えています。
過去3年間で支出は増加しました。
私たちに利用可能なリソースがあれば、私たちはミッションを優先させます。

ISROは多くのリモートセンシング衛星を軌道に乗せていたが、
なぜインドはNASAの高分解能画像に依存して、中国軍事監視に目を向ける必要があるのだろうか?

ISROは24x7の国のすべての場所を見ることはできません。
例えば、1つの衛星が1日に10kmの範囲をカバーしている場合、1日のうちの全国の地域をどのようにスキャンしますか?
リソースをプールすることによって(NASAからの画像を使用して)、私たちが望むものを得ることができます。

私たちはより多くの(コミュニケーション)能力を持つことができるように、
立ち上げの頻度を増やすよう努めています。

チャンドラヤーン2やアディティヤ(太陽)の任務のような惑星間プログラムが順調に進んでいます。
チャンドラヤーン2の打ち上げは来年の第1四半期に、
アディティヤの任務は2018年までに2019年の終わりまたは2019年の始めに予定されています。

ISROは4トンクラスの衛星を搭載したインドの最も重いロケットGSLV MkIIIの最初の開発飛行の後、
重い衛星を打ち上げるためにヨーロッパの宇宙飛行場に依存しますか?

GSLV Mk IIIの最初の開発飛行中に、我々はロケットの全重量リフト能力を使用することを望んでおらず、
したがって余裕を保った。

従って、ロケットは3.1トンのGsat-19のみを打ち上げた。
数回の打ち上げで、GSLV Mk IIIは全容量4トンの衛星を運ぶことができます。
ISROは、今年後半に予定されているフランスのGuianaからの5.8トンのGsat-11の打ち上げを進める予定です。
しかし、その後、私はISROが重い衛星を打ち上げるために外国の宇宙飛行場に依存する理由は見当たりません。

The Times of India CITY(2017年7月23日)
http://timesofindia.indiatimes.com/india/pslv-best-choice-in-global-market-for-launching-small-satellites-isro-chairman/articleshow/59719399.cms
by Surendra Singh


[ 2017/07/25 00:28 ] インド宇宙機関(ISRO) | TB(0) | CM(0)

チームインダスは、月に宇宙船を着陸させる世界初の民間企業になる。

ベンガルールに拠点を置くチームインダスは、月に宇宙船を着陸させる世界初の民間企業になる。
チームインダスは、スリハリコタのPSLVに搭載される飛行モデルの構築から一歩近づいています。
退役したISRO科学者2人の指導の下、100人以上のチームが600kgの宇宙船と6kgのローバーを設計して開発しました。

チェンナイ:今年12月、ベンガルールに拠点を置くチームインダスは、
すべてが計画どおりに進むと、月に宇宙船を着陸させる世界初の民間企業になる。
同社は現在、スリハリコタ宇宙港のPSLVに搭載される飛行モデルの構築から一歩近づいています。

「私たちは、2月2日にISROの試験施設で厳しい試験を受ける宇宙船の資格モデルを構築しました。
次のステップは、飛行する飛行モデルを構築することです」

金曜日に、ITデリー卒業生で創設者のラフル ナラヤンは、
チェンナイ国際センター主催のインタラクティブセッション「月へのミッション:野心に満ちたもの」で、
月の使命に関するプレゼンテーションを行いました。

同社は、月に90%の私的資金提供宇宙船を成功裏に着陸させ、
その表面上を500m走行し、画像と動画を地球に戻すことを求めるGoogle Lunar X Prize競技の
ファイナリスト5名の1人です。
他のチームには、米国から2人、イスラエルと日本から1人ずつが含まれています。

退役したISROの科学者2人の指導の下、100人以上のチームが、
600kgの宇宙船と6kgのローバーを設計して開発しました。

チームインダスのローバーECA(イカ)またはEk Chhoti si Asha(小さな希望)を運ぶことに加えて、
宇宙船は競合する日本のチームによって建設されたローバーを運ぶでしょう。
この船はまた、8つの学生が作成した実験物やフランスの宇宙機関であるCNESのためのカメラを運ぶ予定です。

月のミッションについて説明を求めると、ラフル ナラヤンは、宇宙船が離陸後約15分後にロケットから離れると、
高度を上げるたびに地球を2周することになると語った。

エンジンは、月につながる軌道注入に達するために噴射されます。
そこから、宇宙船は、地球から月に約38万km離れた5日間の旅を始めるでしょう。
月から約120km離れたところで、エンジンは閉鎖され、再度発射されてより低い軌道に乗り、
そこで4日間静止する。そして、雨の海で、宇宙船は降下する。

「ヨーロッパの規模のクレーター、かってロシアと中国がそこに着陸した雨の海だ。」と述べた。

雨の海


ミッション全体の最も難しい部分は着陸です。
宇宙船は、着陸中に1.3km/secから0km/secに速度を落としながら、
その高度を同時に修正し、着陸エリアを選択し、障害物を避けなければならない。

ナラヤンは、ISROが宇宙船を作るための専門知識を持っているため、
月面に正確に着陸する可能性は93%と言いました。

ISROはまた、2018年の第1四半期に2番目の月探査機チャンドラヤーン2を計画しています。

The Times of India CITY(2017年7月22日)
http://timesofindia.indiatimes.com/city/chennai/bluru-firm-eyes-to-land-first-pvt-spacecraft-on-moon/articleshow/59706355.cms
by TNN
[ 2017/07/24 23:56 ] インド宇宙機関(ISRO) | TB(0) | CM(0)