- 永遠の未完成
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

9/13~9/17までのスペースXに関する海外の記事を紹介

9/13~9/17までのスペースXに関する海外の記事を紹介

■スペースX情報
スペースXのITSの打ち上げ施設として、テキサス州ボカ・チカの工事が始まる。【.teslarati.com】9/17
Tom Mueller interview/ speech, Skype call, 02 May 2017【reddit】9/16
スペースXのお蔵入りだった爆発映像集-How Not to Land an Orbital Rocket Booster- 【SpaceX】9/15
アーマーハリケーン、SpaceXテスト衛星、テキサス発射場の影響【reddit】9/14
世界のロケット業者は小型ロケットベンチャーが最終的には大きなプレーヤーに負けてしまうと指摘【spacenews】9/13

■NASA情報
カッシーニ後:ジャイアント・プラネット探査は木星にシフト【Space.com】 9/17
米国惑星協会の火星探査機の通信に関するレポート【planetary.org】9/17
NASAは2020年末までに火星からサンプルを返還することを検討【spaceflightnow】9/17
NASAはニューフロンティア計画にてタイタンとエンケラドスの探査の提案があると言及。【spacenews】9/15

■その他宇宙情報
JAXA火星衛星探査機(MMX)チームとNASAとの宇宙科学・探査に関する共同記者説明会【jaxa】9/17
中国が再利用ロケット「新干线一号」を発表【chinaspaceflight】9/16
第20回火星協会大会のハイライト【spaceflightnow】9/16
「はやぶさ2」を利用したアウトリーチ・教育活動についての意見交換会のお知らせ(第2報)【jaxa】9/15
「一帯一路」の宇宙情報回廊構築を中国が推進 ASEANと衛星データ共有へ【recordchina】9/15
月探査機「かぐや」打ち上げから10年…日本と世界の月探査、これからの道【sorae.jp】9/13
中国の嫦娥5号の延期とサンプルリターンの分析は米国も参加できるのか【scientificamerican】9/13
JAXA相模原キャンパス特別公開2017(第2回)【mynavi】9/13
ロシアは宇宙基地の開発のため2017-2025年に3400億ルーブル以上に資金を投入する【tass】9/13

TwitterでもスペースXや宇宙の情報を発信中!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/09/17 23:18 ] スペースX | TB(0) | CM(0)

宇宙ビジネス入門 NewSpace革命の全貌 | 石田 真康 |読書感想

宇宙ビジネス入門


近年、スペースXやブルーオリジンなどのNEW SPACEと呼ばれる宇宙ベンチャー企業が台頭、
日本でもグーグル・ルナ・Xプラナイズに参加するHAKUTOやホリエモンこと堀江貴文氏が率いる、
インターステラテクノロジズ株式会社など、宇宙ベンチャーに関する話題が盛り上がっています。

そんな2017年の夏に本書は出版され、目まぐるしく変わる宇宙業界をビジネス目線から解説した本になります。
筆者の石田真康さんはA.T.カーニ-プリンシパルで長く経営コンサルティングを手掛けているだけに、
宇宙業界の市場規模やキープレーヤーについて詳細に解説してくれます。

まずは1章で米国や世界の宇宙産業の歴史を解説、国家主導型の宇宙開発から段階的に民営化や産業化に至った流れを辿り、
シリコンバレー業界や異業種からの参戦により、大きく産業構造が変化して行ったのかを理解することができます。

3章の「宇宙企業家たちのビジョン」では、皆が知っているスペースXのイーロン・マスク氏やブルー・オリジンのジェフ・ベゾス氏、
さらにはFace Book創業者のマーク・ザッカーバーグ氏が衛星ビジネスに参入していたり、
グーグル・ルナ・XプラナイズのXプラナイズ財団を運営しているピーターディアマンズ氏など、
今まで知らなかった宇宙企業家の活躍にも筆を割いています。
個人的にはこの章が一番興味深く読めました。

世界の動きだけだなく、6章で日本の宇宙ビジネスも勿論解説、政府が進めている宇宙産業ビジョン2030や、
宇宙政策に関わる宇宙開発戦略本部の解説をしています。
246ページに渡って、広範囲なジャンルを網羅しているので、自分の興味のあった部分を自分でピックアップして、深堀りするなど、宇宙ビジネスに関する辞書的な使い方も大いにアリだと思います。
関連記事
[ 2017/09/04 23:54 ] 宇宙・惑星探査 | TB(0) | CM(0)

スペースx クルードラゴンの宇宙飛行士が、 宇宙船のフルサイズモデルを使用して練習を開始しました。

スペースx クルードラゴンの宇宙飛行士が、 宇宙船のフルサイズモデルを使用して練習を開始しました。

NASA Commercial Crew Program

スペースx、NASA、およびスペースx クルードラゴンの
国際宇宙ステーションに帰還する宇宙飛行士が、
宇宙船のフルサイズモデルを使用して練習を開始しました。

異常な復旧状況では、スペースxは米国空軍と協働して宇宙飛行士を
水中のカプセルから回収するために救助兵を送る必要があるかもしれません。

最近、NASAのケネディ宇宙センター近くのインド川ラグーンにリカバリートレーナーを降ろし、
空軍のパラレスキュー(※)から宇宙船に乗って宇宙飛行士を救助する技術を学ぶことができました。

このようなレスキューの練習は、宇宙飛行士やサポートチームに不測の事態で、
乗組員を安全に救助するための重要な措置を練り練り直す多くの機会を与えるため、
すべての人間のミッションで行われる。

数多くの手順が開発され、様々な状況に対処するために時間をかけて実践されます。

スペースxは、宇宙飛行士を国際宇宙ステーションに運ぶために、
NASAのCommercial Crew Programと協力してCrew Dragonを開発しています。

リカバリトレーナーは、スペースxによって構築され、
ケネディのPrototype Labによってスペースx仕様に変更されました。

クルードラゴンの外側モールドラインと同じ寸法で、
スラスタやインジケータと外側の他のマーキングがあります。

計器パネルを含む乗組員のエリアは本物の宇宙船と内部は同じです。

(※)Pararescuemen(PJとしても知られている)は、
人道援助および戦闘環境における人員の救助、および医療処置を任された、
米国空軍特別措置指令(AFSOC)および航空戦闘司令(ACC)オペレーターである。
これらの特殊部隊は、NASAの任務を支援するためにも使用され、
水上着陸後に宇宙飛行士の復旧に使用されています。

NASA Commercial Crew Program(2017年7月20日)
https://blogs.nasa.gov/commercialcrew/2017/07/20/recovery-and-rescue-teams-practice-with-full-size-crew-dragon-trainer/
by Amanda Griffin.
関連記事
[ 2017/07/29 00:17 ] スペースX | TB(0) | CM(0)

ロシアはISSプログラムの終了後、有人飛行で別々の道を行くように見える。

ロスコスモスのイゴール・コマロフ首相は3月、ロシアが新しいロシア国家宇宙基地の基礎を形成するために、2024年にISSモジュールを分離すると述べた。 しかし、来月には、ロシアは、2028年までロシアに滞在できると

ロスコスモスのイゴール・コマロフ首相は3月、ロシアが新しいロシア国家宇宙基地の基礎を形成するために、
2024年にISSモジュールを分離すると述べた。しかし来月には、ロシアは2028年までロシアに滞在できると述べた。

この記事はSpaceNews Magazineの2017年7月17日号に掲載されました。

国際宇宙ステーション(ISS)計画の終焉が近づいて、
プロジェクトを後援している全米の宇宙機関は、次に来るものの計画を立てようとしている。
この議論は、ロシアよりも懸念されているところではありません。

そこでは、ISS後の取り組みの問題が、ロシアの宇宙における未来の問題について包括されています。

無慈悲な予算の削減、現在の西側パートナーとの貧しい関係、そして技術的な限界によって、
ロシアはISSプログラムの終了後、有人飛行で別々の道を行くように見える。

少なくとも現時点での政策と意図の公式声明に基づく唯一の真の問題は、
それがいつ起きるかということです。現在、最良の推測は2024です。

ロシアのロスコスモス宇宙局長イゴール・コマロフはこれを公然と明確にすることはあまり行っていない。
そして、彼は最近数ヶ月間に何度か自分に矛盾しています。

コマロフは3月に、ロシアが新しいロシア国家宇宙ステーションの基礎を形成するために、
2024年にISSモジュールを分離すると述べた。

しかし、コロラドスプリングズの第33回宇宙シンポジウムで4月に語ったところによると、
ロシアは2028年まで滞在できると述べた。

6月のフランスのル・ブルジェ・エアショーで、コモロフ氏は、
国家の有人宇宙計画の将来を広範に打ち明けようとし、
再度矛盾するように見えた。

コモロフ氏は、タイムラインを提出しなかったが、
中国はロシアが来るべき宇宙ステーションプロジェクトに参加するよう提案したと語った。

ロシアのRIAノボスティ通信によると、「現時点では、将来のための合意と計画はあるが、具体的なものはない」と述べた。

ロシアの老朽化したソユーズカプセルは、中国のほぼ同じ神舟カプセルと並んで、
現在、宇宙飛行士を軌道と背中に運ぶための世界で唯一の宇宙飛行士である。

彼らは滞在するのだろうか、彼らは行くだろうか?

額面的に見ても、ロシアは西側との大規模な宇宙協力の終結と、中国とのタクシーを示しているようだ。
ロシアの宇宙産業はこれに同意しているようだ。

近年、ロシアのメディアは、新しいロシアのステーションや
中国との共同プロジェクトに関する請負業者の提案をいくつか報告している。

問題は、ロシアがモジュールを分離するかどうかではなく、いつ行われるかということである。
ISSのロシア部門の運営は、2025年に締結された政府の現行の10年間の宇宙資金プログラムの下で、
少なくとも2024年にはすでに閉鎖されている。

このようにして、2024年以降の継続的な運営は、過去3年間、ロシアは新たなロシア国家宇宙ステーションの建設を
宇宙探査の次の目標として続けています。

これはISSからモジュールを分離するプロジェクトです。
この提案の最強の支持者は、RSC エネルギアのようなロシアの宇宙産業請負業者、
ドミトリーロゴジン副首相のような政治家であった。

ロシアの宇宙当局は、待っているモジュールをISSの一部に追加すると主張し続けている。
先月ル・ブルジェで、RSC エネルギアのウラジミール・ソルツェフ氏は、
ナウカの多目的ラボモジュールが来年に発表されるとしており、
同様に新しいエネルギーモジュールとドッキングモジュールの発表が控えていると述べた。

6月下旬に発表されたエネルギアの年次報告書では、
この3つのモジュールは、将来のロシア宇宙ステーションの基礎を形成するために使用されると主張している。
新しいロシアのステーション エネルギアは、
ロシアは古いモジュールを回転させて新しいモジュールで置き換えることができるので、
それは特定の寿命を持たないという意味です。

しかし、ロシアの宇宙ステーションモジュールの将来については何も確認されていないと、
モスクワ外のSkolkovoイノベーションセンターのスペースクラスターのアナン会長、イワン・コゼンコフ氏は言う。
「新しいモジュールがすぐに発表されるかどうかは疑問だ。
しかし、その提案の実装は不明ですが、ISSからそれらを分離することはもっともらしくあり実行可能です。」

中国の質問

中国は2018年に新しい宇宙ステーションを建設する計画だ。

ル・ブルジェの記者会見で、中国はロシアに計画を立てている、とRIAノボスティは述べた。
「プロジェクトへの参加についての提案を交換している」と述べた。

ロシアのモジュールをステーションに参加させる上で最大の障害は大きなもので、軌道の傾きです。
中国は、自国の打ち上げ施設や能力に有利な赤道から43度のところで打ち上げを計画している。
しかし、ロシアは51度を望んでおり、西側のパートナーはISSの建設中に譲歩した。

中国側の主張は政治的衝動であり、ISSを超えて西洋と未来をつなぐ努力の中で欠けているかもしれない。
モスクワと北京の関係が強化される中、2社は積極的にハイテク合弁会社を追求している。
中国の宇宙技術が旧ソ連技術の派生物であることを考えると、両者は容易に共存できると考えられる。

「これまでのところ、これは実際の政策よりも政治的な声明である」とコセンコフ氏は言う。
中国との協力のための真のビジョン、意志、資金はありません。

「ロシア中国の基地は可能な範囲内にあるが、NASAとの科学的協力はあまり変わらず、
今後の有人探査ミッションには何らかの国際的枠組みが含まれるだろう」と述べた。

結局のところ、新しい宇宙ステーションは、ロシアの宇宙計画の最大の懸念から遠いとコセンコフ氏は主張する。
ロスコスモスの新しい国有企業の傘下にある国内宇宙産業の改革は、
産業企業の腐敗と宇宙における重要な国家安全保障能力の低下を遅らせる努力と同様に、
議題を引き続き支配している。

コセンコフ氏によれば、「ロシアの有人宇宙飛行士は、投資回収率が低く、
削減されなければならない」とすでに主張している人もいる。

2025年以降の資金調達計画が策定されるまで、
ロシアの宇宙政策はいかなる政策においても表明されそうにない。

ロシアの経済が依然として不安定で、政府が何度も書き直しや再評価を行ったことで、
2025年のプログラムが約2年間遅れたという事実により、このような決定は行われないようだ。


SPACENEWS(2017年7月24日)
http://spacenews.com/russias-post-iss-plans-a-mystery-at-best/
by Matthew Bodner
関連記事
[ 2017/07/27 00:20 ] 宇宙・惑星探査 | TB(0) | CM(0)

ホリエモンロケットの記事をまとめてみた|インターステラテクノロジズ「MOMO」

2017年7月29日(土)にホリエモンこと堀江貴文氏の出資する
「インターステラテクノロジズ」の小型ロケット「MOMO」が北海道大樹町から打ち上げられます。

日本発の民間企業によるロケットの打ち上げは初とのことで期待です!
これが成功すれば、日本の民間による宇宙開発は進むと思いますし、
是非ともうまく打ちあがって欲しいですね。

しかし、このホリエモンロケット、打ち上げに至るまで様々なことがあったようで、
面白そうな記事を記事を自分でまとめてみることにしました。

■ロケット打ち上げまでの経緯についての記事

民間初の宇宙到達を目指すロケット「MOMO」、その挑戦の意義を探る

「ホリエモンロケット」は成功するか? 世界が競う"民間ロケットビジネス"の全貌[緊急企画]

“庶民派”民間ロケットの挑戦――ホリエモン参画の宇宙事業ベンチャーが動き出す!

堀江貴文が語る、民間企業がイチからロケット開発をする難しさと宇宙ビジネスの未来

電通報:ホリエモンの「世界最低性能ロケット」


■打ち上げ会場の詳細記事

インターステラテクノロジズ 観測ロケット「MOMO」第一回打ち上げ in SKY HILLS

■ロケットの詳細技術を書いてある記事

2016年国際航空宇宙展 - 日本発のロケット会社インターステラ、今年打ち上げ予定のロケットなど展示

[PDF]「モモ」ユーザーズガイド - インターステラテクノロジズ

■インターステラテクノロジズの社長、稲川貴大さんについて

丸紅とロケット開発ベンチャーをつないだ男

稲川貴大のwiki風プロフィール!出身大学やホリエモンとの関係は

宇宙の歩き方(4)4月1日に大企業を入社辞退、民間ロケットベンチャーへ

■ロケット打ち上げのクラウドファンディングについて

ロケット発射ボタンが押せる権利も1000万円で。日本の民間ロケット企業が打ち上げ実験費用をCAMPFIREで募集中


■動画

前半 ホリエモン堀江貴文×稲川貴大【国産ロケットに未来はあるか?】宇宙ビジネスの最前線 スペシャル対談
https://www.youtube.com/watch?v=vWW9ilmBP3s

小型ロケット「MOMO」初号機打ち上げで堀江貴文氏らが会見
https://www.youtube.com/watch?v=MRQSw5ptkgE
関連記事
[ 2017/07/26 19:01 ] 宇宙・惑星探査 | TB(0) | CM(0)